ここから本文です

BOMB を「ボンブ」、BOMBER を「ボンバー」って誰が言い出したの?

zs6********さん

2012/1/516:51:59

BOMB を「ボンブ」、BOMBER を「ボンバー」って誰が言い出したの?

BOMB は「ボム」、BOMBER は「ボマー」だと思うんだけどね。 COMB(櫛) を「コンブ」って読むバカはいないと思うけどね。

閲覧数:
2,781
回答数:
3
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

goo********さん

2012/1/610:48:10

BOMBERは、最初はドイツ語として入ってきたので「ボンバー」なのではないか、という説が有力です。
BOMBはドイツ語だとBOMBEで「ボンベ」(酸素ボンベの)、フランス語だと同じ綴りで「ボンブ」なのですが、そのへんに混同やら水平思考やらがあって「ボンブ」になったのではないでしょうか。

広島に落ちた新型爆弾は「アトミックボンブ」というそうだ…と、日本軍内で言われていた記録が残っていますので、少なくとも戦時中からそう言われていたことは確かなようです。マスメディアを通じて広く知られた事例としては、70年代前半のローラーゲームに於けるチーム名「東京ボンバーズ」、70年代後半のガールロック・グループ、ランナウェイズの曲「チェリー・ボンブ」あたりまで遡れますが、それ以前はどうでしょうか。

この、スペルと、正しい(というか英米において一般的な)読みとの齟齬については、この数十年、いろいろな人が悩んだり怒ったり赤面したりエラそうなことを言ったり寝返ったりし続けてきたようです。例えば上記のランナウェイズの「Cherr Bomb」は、76年のデビューアルバム、77年のシングルカットとライブアルバムでは「ボンブ」表記ですが、87年のベストアルバムでは「ボム」表記になってます。同じ曲なのにいいんでしょうか(笑)。デーモン木暮閣下によるカバーは「ボンブ」ですね。79年創刊、80年代に大ヒットしたアイドルグラビア雑誌「BOMB!」は表紙に「ボム」とルビが振ってありますので、どうも70年代の終わり頃に「どうやらボンブじゃなくてボムらしいぞ派」が優勢になった模様です。
ボンバーの方はより長く生き残り(いまだに滅んでいないとも言える)、80年代中盤、新日本プロレスで活躍したハルク・ホーガンの必殺技は「アックスボンバー」です。もともとの命名は日本のプロレスメディアですが(だいたい、「斧爆弾」なんだから「アックス・ボム」だよね)、ホーガンも諦めたのかそう呼ぶようになり、技をかける前に律儀に「アックスボンバー!」と叫んでました。後に彼は米国を主戦場にするのですが、そっちではあまり使わなかったものの、それでもマジソンスクエアガーデンで一度その技を使うとき「アックスボンバー!」と叫ぶ映像が残っています。「ボマー」じゃなく(笑)。言い慣れちゃったんでそのまま使ったのでしょうか。

かくのごとく、様々な方があれこれ苦労しておりますので、まあ鷹揚に「日本じゃそう読むこともあるんだよ」くらいに構えておくのがよろしいのではないかと思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

gik********さん

編集あり2012/1/517:47:32

仰るとおりです。おそらく無教養な ジャーナリズム と コマーシャリズム が作り出したのでしょう。30年か40年ほど前に、東京ボンバーズ という ローラースケート 競技の グループ がありました。そのあたりではないでしょうか。

プロフィール画像

カテゴリマスター

wat********さん

2012/1/517:42:11

ネーティヴスピーカーでも間違える人いますよ。
かなりアホにされますけど、そういうときは。
でも、わざと間違った発音をして喜んでいる人もいます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる