高齢出産について、40過ぎの初産てリスクがあるんですか?

高齢出産について、40過ぎの初産てリスクがあるんですか?

妊娠、出産1,642閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

あります。 妊娠中は赤ちゃんと二人分の血液循環を母親の内臓が担います。心臓、腎臓・・二人分の循環や血液ろ過を行います。20代の内臓と40歳の内臓・・すでに10数年以上働いている、いないで余力が違いますので、妊娠性高血圧や、糖尿病になりやすいといえます。 また、骨格的にも、腰痛や肩こりなど・・非常に出易いでしょう。 子宮も十数年の差があるので、妊娠にともない伸び縮みの能力が重要です。柔らかく伸びることがなかなかできなければ、張りや痛みが強くなるでしょう。出産後すみやかに縮むことができないと、いつまでも出血が続いたり「子宮復古不全」となります。 出産直後から育児が始まります。20代でしたら、体力もすぐに回復し、すぐに赤ちゃんへ目が向きますが、高齢の場合、出産後の体力の回復がなかなかできません。入院中、夜授乳のため声をかけても「ミルクあげておいてください・・」「眠ります」などと断る方が多いですし、沐浴指導のため声を掛けても「お腹が痛いので、抱けません」「腰が・・」などと断る方も居ます。 授乳も満足でこなせないまま退院となり、いきなり夜間も自分で・・・となると、20代の睡眠不足と、40歳の睡眠不足・・どちらがキツいか・・と言えば、40歳です。 ホルモンバランスも無論回復に時間がかかるので、精神的不安定にもなりやすく、これに体力がついていかない、育児ができない・・という不安も重なり、産後鬱が多いのです。

その他の回答(4件)

0

胎児の染色体異常(ダウン症など)の確率があがるなどありますが、妊娠時に糖尿病になったり妊娠期に何らかの疾患を発症することが多くなる・帝王切開になる場合が増える・流産率があがるなどのリスクのほうが、染色体異常の確率よりはより現実的で発症率の高いリスクになります。 また、妊娠・出産に必要なホルモンの分泌も年齢とともに落ちてくるので、妊娠しにくくなるという点もあります。

1

35歳以上で高齢出産だけど母体が危なくなるとかリスクはあるでしょう

1人がナイス!しています