ここから本文です

ピアノの指の力のつけかたについて意見をお聞かせください。 七歳の子供が居ます...

yuukirinrin1207さん

2012/1/1311:06:57

ピアノの指の力のつけかたについて意見をお聞かせください。
七歳の子供が居ます。ピアノ歴は、ヤマハ幼児二年、ジュニア科一年で小学校の一年から個人レッスン、 ヤマハと別な近所の先生にみていただいてます。
先日ちょっとしたひきあわせが有りました。
曲を引き込んでも芯のある音が出ずフワフワした音になってしまいました。
電子ピアノを使っていて、秋にアップライトに変えたばかりですが、そのせいかなと思いましたが、電子ピアノでずっと練習しているお子さんもいらっしゃるけれど上手でした。
和音をひいても一音が下まで押さえられず、ぬけていたり、スタッカートが跳ねていなかったり。個人レッスンの先生は、まだ七歳ですし、これから指も固くなりますよと言われましたが、同じようにレッスンに通っていても他のお子さんは出来ていました。
因みに練習は、毎日30分から一時間、ハノンやバーナム、曲は、紡ぎ歌や、エリーゼのためにを練習しています。
指は私に似てものすごく短いです。
家で指の力をつける良い方法教えてください。
本人は、ピアノが好きだが練習は嫌い、特にハノンは退屈で嫌いといいます。

閲覧数:
8,967
回答数:
6
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kennji0517jpさん

2012/1/1506:34:30

僕もグランドを持っているのですが、夜中とかは電子ピアノで練習してます。

やっぱり、電子だとそんな力を入れなくても大きな音が出たり、
打鍵の深さがそろっていなくても揃って聞こえたりします。
センサーなので、フォルテって感知してしまったりするみたいです。

音がふわふわしてしまうのは、やはり電子の弊害だと思います。
電子は、そんなにガツガツ弾かなくても大きな音が出てる気になってしまうのと、
やっぱ鍵盤が軽いので。

他の方もおっしゃっていますが、指に力をつける必要性はあるのかな?と思います。
ピアノを弾くうえで重要なのは、指の力ではないと思います。

僕の習っている先生は、指を独立させてばらばらに動かせるようにする事と手首・手の甲(掌)支えと指先に力を入れれる様になる
事が大事ですよー!って言われました。

僕は、先生に「テニスボールを指先で落ちるか落ちないかの力でつまんだ時の指の緊張感を持って弾きなさい」と言われて習いました。まあ、腕とかも使ったりするんですけど結構音がしまって聞こえますし、指先の感覚が養えるので音色に変化がつけれる様になりました。

試される時には、手の大きさにあったボールでされると良いと思いますよ。ゴムのボールでもいいと思います。

あと、和音の音が1つだけ抜けてしまうと言うのは指の力の問題と言うか、
角度の問題の方が大きいと思います。

5指ともすべて長さが違うので、押さえやすい指と押さえにくい指、強い指、弱い指って色々あるんです。
たとえば、ド♯・ミ・ソ♯と言う和音を押さえるときにド・ソは黒鍵で高い、ミは白鍵で低い位置に鍵盤があるので
ミの指だけは他の二本は他の指より出しておかないと同時に打鍵出来ないと思います。
和音は、指のバランスとか手の甲の角度とか手首の向きとか高さとか色々試して
一番均等に打鍵出来る所を探す必要があります。

質問した人からのコメント

2012/1/18 21:55:18

降参 インフルエンザにかかってしまい、お返事遅くなりました。手の力をつける方法を教えてくださりありがとうございます

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2012/1/1413:14:29

指に力をつけるという発想はちょっと危ないのでおやめになったほうがいいと思います。

言葉で音を表現すると人によって差が大きいので、実際に弾くところを見て聞いてみないと断定はできませんが、7歳の子供の音はある意味ふわふわしていて正解です。 その年齢で「芯のある音を出すために、鍵盤の底まで強くしっかり弾きなさい」などと教えるのは百害あって一利ありません。 ピアノの弾くのはいわば鍵盤の上を指で歩くようなものです。 赤ちゃんの歩き始め、幼児のよちよち歩きをイメージしてみてください。 「よちよち歩くのはよくない、足をしっかり踏み鳴らして、床にうちつけながら歩いてごらん、足に力がつくから」などという大人がいるとしたら....どう思いますか? ピアノの場合、これをやると困ったことに一生床に足を打ち付けながら歩くことになりがちで、もっと困るのは本人(および耳)はそれが普通だと思ってしまうことです。

また、まだ足元がしっかりしていない幼児を強制的に走らせたり、ましてや徒競走に出したりするのもいただけません。

音抜け、スタッカートができない等はゆっくりでもできないのでしょうか? ゆっくりなら大丈夫であれば、ちょっとせっかちさんで弾かれているだけでしょう。 じゃんじゃん弾き飛ばすのではなく、まず音抜けしない速さで何度も繰り返すこと、ゆっくり丁寧に指を動かして音を出して、歌うことを心がけられればいいと思います。 ただ、フワフワはいいですが、もしゆっくりでも音抜けするとなるとちょっと気になります。 指が固くなります、と先生が本当におっしゃったのならそれもちょっと気になります。 私には指にせよ手にせよ、ピアノを弾くのに「しっかりする」ならいいですが、「固くなる」はかなりひっかかります。 先生から座り方、鍵盤への手の置き方、指の動かし方、手を固くしてはいけません、等々の指導はありますでしょうか?

練習が好きな子供はめったにいませんが、7歳で毎日それだけ弾いているのはがんばってると思います。 アップライトに変えたばかり、今2年生でしょうか? お子さんは早くうまくなろうと(でも練習したくないしで)焦って速弾きしがちですが、速く弾くには絶対にまずゆっくり練習しなければできません。 お母さんは焦らず、ゆったり構えて見守ってあげてください。

アバター

ID非公開さん

2012/1/1404:46:09

下まで押さえられない、音が抜ける・・・このような事は指の長さや力の問題ではないと思います。ハノンを弾けば解決するような事でもないです。きちんとした腕や手や指の使い方を教わらないといけないと思います。

下手に力を付けようとしてもかえって良くない事(力を入れて弾いてしまう)事になり更に音が抜けやすくなったり、音量が出なかったりスムーズに動けなかったりする恐れがあると思います。(私がそのようになってたので。)

弾き方をきちんと指導してくれる先生ならしばらくすれば良くなると思います。
きちんと指導出来ない先生なら、教室を変更した方が良いかもしれません。

もしかしたらですが、早く曲を仕上げようとあせって練習する・急いで弾いておられませんか。指の運びにムリがあるようなスピードで練習しがちではないでしょうか? 頭で指を動かすのでなく耳と指に任せて動かせるといいと思うのですけれど・・・。
中途半端に曲を弾ける状態になってしまうと直すのが難しいです。何度弾いても同じ事が繰り返される、悪い弾き方が繰り返されるだけですね。手や指のポジションやフォームをちょっと見直すだけで変わる事も多いですよ。ポジションの移動が必要ないところで動いてしまってませんか? 手の重心が決まっていないと音も決まらないように思います。手は正しい位置にいて指は鍵盤上を歩く・・・こんな感じだと分かりやすいかな。

2012/1/1313:07:02

先生から指の形や姿勢や脱力の指導はありますか?なければお子さんの指やピアノのせいではなく指導に足りない部分があるのではないでしょうか?
ハノンはリズムを替えて何種類かしてますか?うちの子の先生はレッスンの時にハノンを聞かれて弱い指を鍛えるリズムを課題にされます。
後は自分の音を聞くことです。質問者様が練習の時に鳴ってない時は鳴ってないよと注意するとか出来ないですか?
音が鳴ってないのにテキストが進むと弾くだけで精一杯になり自分の音は聞けないしますます鳴らないまま指を回すようになります。
先生にまず相談されてはいかがでしょうか?子供は嫌いますがハノンやスケールは大事です。メトロノームを使われて丁寧に練習されたらと思います。

2012/1/1312:30:58

子供であっても個人差はありますが、もう少し大きくなってくれば
自然としっかりとした音を出すようになることもあります。
見ていて、割に成長の早いしっかりした感じのお子さんは、幼少であっても
しっかり弾いているように思います。が、少数派なので彼らをそれほど気に
しなくてもいいと思います。
仰るように、楽器も一因になることはあると思いますが、まず何よりも大切な
ことは、毎日の練習の質かと思います。自分の音が聴けるようになれば、音は
揃うようになりますが、子供のうちは注意されたことは意識的に毎回直してい
くように練習することがポイントです。
ヤマハジュニア科出身のお子さんは、大抵はソロになった頃は皆同じような
状態です。(^^)今後の練習、体の成長に従ってメキメキ上達します。

それから、気になることは、~
音がまだ出ていない状態なのに「紡ぎ歌」や「エリーゼ」を弾いている
ことに首を傾げたくなります。普通の進度では、7歳でちゃんと弾けるような
曲ではありませんが~ 無理して難しい曲にチャレンジしても結局は肝心な
ところも、クリアーできていない状態のまま仕上げに入ってしまうだけです。
発表会では少し背伸びをして選曲することもありますが、普段の練習は
身の丈を考えて曲を与えることが普通です。

編集あり2012/1/1311:21:14

タッチの力強さはそう簡単に身に付かないので、アップライトに変えて3~4ヶ月では無理です。電子ピアノで練習している子は、グランドピアノとの違いを熟知した上で、グランド用の弾き方で練習しているはずです。

結論としては、家での練習が適当すぎるのだと思います。ちゃんと鍵盤を底まで打つようにさせてください。これが基本です。底まで打たないから音が抜けます。大人でも同じことが起こります。力の弱い子供ではなおさら、ですね。底まで打ってきちんと鳴らす練習を続ければ、自然に打鍵力はついてきます。弱い音で弾くときもまずは底まで打鍵すること。ハーフタッチとかそういう技術はもっと先の話です。
ハノンが退屈なら、リトル・ピッシュナをおすすめします。先生と相談してください。つまらないハノンに時間をかけるのはかわいそうなので。

あと女子の場合は成長期になっても手が大きくならないことがあり、その場合は残念ながら本格的なピアノ演奏には向きませんので、ジュニア科をやめて趣味で楽しくレッスンを続けた方が本人のためだと思います。手が小さいための苦労を強いると、ピアノ嫌いになってしまうことがままあります。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。