ここから本文です

近年リフトからゲレンデを見てると、ダックスタンスのが大半を占めてるなぁと感じ...

way********さん

2012/1/1821:50:21

近年リフトからゲレンデを見てると、ダックスタンスのが大半を占めてるなぁと感じます。

しかし、その中で大半の人がが普通に滑ってるのが気になります。

ジブやパークもやらずフェイキーもグラトリもしない、してもグラトリの180やるぐらい。。。つまり普通の滑り。


リフトで頂上まではいくのに、急な斜面でカービングが出来ずにゆっくり降りてる、、人をよく目にします。

板もツインチップをよく目にするようになりました。

180ぐらいなら、ディレクショナルのボードで右足+スタンス、セットバック入っていても簡単に出来ると思いますが、今やダックスタンスはスタンダードになってるんですか?

ちなみに自分は、、急斜面をフルカービングで綺麗に滑っていくかっこいい人達にはまだまだなれず、自分はまだまだヘッポコだと思うし、もっともっと上手くなりたいし、すごく悔しいです。

なので普通の滑りをするのにツインチップやダックにするというのは少し抵抗を感じます。

人それぞれかと思いますが、普通に滑ってる人の大半がダックスタンスになったのは何故なんでしょうか?
ダックスタンスの新たな良さが発見されたりとかしたのでしょうか?

閲覧数:
15,210
回答数:
5
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

2012/1/1823:18:10

こんばんは。

しばらく前ですが、全く同じ話を複数のショップ店員から聞いてます。質問者さんの疑問はもっともですし、私もその通りだと思います。

特に、最近のディレクショナルの板(あくまでもフリースタイルの板)はそもそもスイッチでも滑る前提で作られてます。なので『ディレクショナルだとスイッチが滑りにくい』というのはあくまでも感覚、思い込みである方がほとんどだと思います。

その辺『ちゃんと自分の主観を持ってツインかディレクショナルかキッチリ選んでる人』は少ないと思いますよ。本当に上手い人だけでしょう。
パークでガンガンスイッチで入る、着地する人、テク選系のスイッチカービング、高速グラトリを目指してる人、パウダーへスイッチで着地するような人はちゃんと選んでるでしょうが、質問者さんもそういう人は指してないでしょう。

私は、メインの板はディレクショナルです。ですがスイッチカービングもするし、ポコジャン程度ですがスイッチエントリーもします(但しキッカーは専門外)。

スタンスは…スイッチしないなら両足前向きのほうが本来滑りやすいはずです。板だって本来はディレクショナルのほうが扱いやすいはず。
ダックにすれば時にヒールエッジが抜けやすいしターンのコントロールもしにくい、ツインの板だとカービングとか関係なくノーズ詰まりを起こしやすい。

ではなぜ『ツイン・ダックスタンス』が多いのか?

ぶっちゃけ、流行りです。
また、上手い人はほとんどダックなので(当然そういう人はスイッチでガンガン行きますが)、それの真似、その方がかっこよく見える…
板も、パークに入る、グラトリで綺麗に板を捌く、テク選目指してスイッチランもガンガン行くような人…
つまり『かっこよく見える人』でツインを選びダックにしてる人が多いからです。

ちょっと嫌らしい言い方ですが、事実だと思いますよ。私一人の考えでもないですし。

ま、プロの板の選択を見れば必ずしもパークでツインが有利って訳でも無いのですが。
実際BURTONのライダーはよくディレクショナルの板で色んな大会回ってます。ショーン・ホワイト、ピートゥ・ピロイネンはディレクショナルの板でスロープの大会もガンガン勝っていましたので。

ただまあ、このような流行りがあるからこそスノーボードが売れてるってのもあるので、業界が潤う事を考えたら…まあいいか、と私はそう思うようにしてます。

ちなみに、ダックスタンスに関して最近はダックに対応したカービングターンの技術が広まってます(通称、横乗りカービング)。また、板が良くなったのでダックでもツインでもカービング自体切りやすくなった、ってのもあります。上手い人でツインを選ぶのはこの辺の理由もあるでしょう。

ご参考までに。

質問した人からのコメント

2012/1/19 00:42:36

降参 REWウェアにノベンバー板での木の葉滑りを見た時は時代が変わったなぁと思いました。
なにはともあれ、スノボーを楽しさを知る人が1人でも増え、業界が潤えば流行も良い事ですよね。
近年、平日のスキー場をみてると本物心配です。
自分は古い人間なので(笑)基本でありつつ実はめちゃ奥深いフリーランをきちんとできるようになってからロッカーでパークとか入ってみたいなと思います。
皆さん回答ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

zenith0555さん

2012/1/1900:41:08

一時期、フェイキーランとグラトリ・キッカーの練習の為、ダックスタンスにしていましたが、元々フリーランが好きで、ここ1,2年はカービングで切ることに道を見出し、レギュラーに戻しました。

snowing go goさんが書かれているように、スタンスを戻したらカービングがやり易くなりました。ダックスタンスは確かにエッジに力を掛けることが出来ますが(一番力を掛けることが出来るのはスクウェアでしたっけ?)、膝および上体の向きの関係で進行方向側に力を向けにくく感じます(特にフロントサイドターン)。下手くそと言われればそれまでですが・・・^^;

スノーボードに対する考え方・楽しみ方は人それぞれですが、私はより綺麗に、安全に、速く、どんな条件でも滑られるようになりたいと思っているので、流行には構わず、地味に滑りの基礎(ひいてはカービングターン)を磨き続けていくつもりです。

sno********さん

2012/1/1823:35:20

個人的に板がツインだろうが、ディレだろうが大した差はないです。
メインで使う板は絶対にノーマルキャンバーです。これだけは絶対に譲れませんが。
セットバックがかなり入ったパウダーボードで、両足+アンングルのが
何故かスイッチは滑りやすいです。ロッカーだからかもしれませんが。
そのときに気に入った板が偶然ツインだったというだけの話です。
そもそもディレは絶対数が減ってませんか?だから必然的にツインになるのかなと思います。
最近は訳の分からんロッカーとかいろんな種類の板が出てきて
ますますキャンバーボードの種類が減ったように思います。
アングルは根拠はないですが、ダックが好きです。正直何となくです。
両足+でも違和感はないですが、キッカーとかパイプの着地ではやっぱダックのが少し安定感が
あるように感じますので、これからもダックでいくと思います。
滑るステージごとにアングルを変えるのは面倒です。

オギィさん

2012/1/1823:33:47

滑りを考え、滑走技術を習得し上達を目指す「スポーツ」としてのスノーボードより、純粋に「冬のレジャー」としてスノーボードを楽しむ方が増えてるのが主な理由ではないかと思います。
近年は「ターンができる=フリーランはできる」みたいなイメージも強く、カービングを知っている人も興味を持つ人も少ないですから…
雑誌もメーカーも地味な基礎系より派手なトリックを重視した方が売れるので流行りに乗ってどんどん推していっているのが近年のダックやワイドスタンス、芯のないぐにゃぐにゃグラトリボードやロッカーボードが増えてる理由だと思います。

アングルや幅を骨格や筋力を考慮してセッティングしてる人なんてほとんどいないし、どんなセッティングでも板が柔らかいロッカーボードならターンはできちゃいますからね~。

ct9********さん

2012/1/1822:45:45

スタンスとか関係なく、そこまで本気では無いという事では。
グラドリやフリーランを突き詰める訳でないので、
特に問題にしていないと思いますよ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる