ここから本文です

1V50mAの直流をトランジスタを使って電流増幅を行い、200mA~300mAにしたいのです...

gor********さん

2012/1/2117:10:36

1V50mAの直流をトランジスタを使って電流増幅を行い、200mA~300mAにしたいのですが、これに適切な規格の型番のトランジスタ、または増幅回路を教えてください。(バイアス電源はできれば15V以下に抑えたいです)

もしくはオペアンプ等を使った別の方法や回路を教えてください。

閲覧数:
274
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2012/1/2117:48:27

回路が簡単になる+50mAで、抵抗を挿入できる信号源として回答します。

まず、入力を20Ωの抵抗で接地された電圧信号(1V)に変えます。この電圧信号を、単電源オペアンプ、例えば、HA17358やその相当品を12V電源で動作させます。
次に、このオペアンプの出力端子をトランジスタQ1のベースに接続します。Q1のエミッタとGND間に抵抗R1を挿入します。R1は39Ωとしてください。Q1のエミッタとオペアンプの-入力端子を直接接続します。コレクタと電源の間に負荷抵抗RLを接続します。オペアンプの+入力端子は最初の1Vの電圧信号に接続します。
負荷が低抵抗の場合、Q1には、約11V×250mA≒3Wの発熱がありますので、少なくとも10Wの電力増幅用のトランジスタに放熱フィンを付けて使う必要があります。
抵抗も同様に発熱量の少なくとも2倍の許容電力の抵抗を選ぶ必要があります。
入力信号が+極性(吐き出し電流源)でかつ接地でき、負荷の一端を電源の+に接続できることがこの回路の必要条件です。
電流変換回路は、信号源を接地できるか、負荷を電源やGNDに同接続するかで、その設計は大きく変わります。
なお、使用するトランジスタのhFEは100以上でかつダーリントンタイプでないものを使用するとよいでしょう。

質問した人からのコメント

2012/1/24 17:17:29

とても分かりやすく丁寧な対応ありがとうございました。
おかげで目標値で動作させることができました(^∇^)

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる