ここから本文です

海上自衛隊への採用試験内容等について

yam********さん

2012/1/2313:31:21

海上自衛隊への採用試験内容等について

こんにちは。息子が某海洋高校の2年生です。将来の夢は海上自衛隊と本人が決めているようなのですが、過去の試験問題集などは市販されていますか?小学校と中学校は野球部、高校ではソフトボール部に所属していましたので体力には自信があります。また去年の秋には海洋実習で70日以上かけてハワイまで実習船の航海をしておりました。最近の倍率や試験の難易度はどうなのでしょうか?最近では一般企業の就職難のため自衛隊への入隊希望者も増加しているとも聞きます。事情にお詳しい方からの情報をよろしくお願いします。

閲覧数:
2,518
回答数:
3
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

swk********さん

編集あり2012/1/2423:19:01

高卒者を主な対象とする採用試験は、「一般曹候補生」および「自衛官候補生」です。
「一般曹候補生」は定年までの勤務を前提とした採用制度であるのに対して、「自衛官候補生」は30歳程度での若年退職となっている採用制度です。このため、「自衛官候補生」よりも「一般曹候補生」の方が受験者数は多く、競争倍率は「一般曹候補生」で約10倍、「自衛官候補生」で約5倍と、下手な私立大の入試よりも難関です。
加えて、最近は就職難から「一般曹候補生」や「自衛官候補生」を受験する大学生が増え、現役高校生は苦しい戦いを強いられています。
ただの体力自慢では到底合格できませんし、海洋高校出身だからといって採用試験で有利になるようなこともありません。あくまでも採用試験の成績、とくに学科試験の点数次第です。
成山堂書店という会社から各採用試験毎の過去問題集が発売されていますので、早い段階からしっかり勉強して学力を高めておくことをお勧めします。

質問した人からのコメント

2012/1/25 12:43:14

ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

doj********さん

編集あり2012/1/2318:33:55

海上自衛隊の採用試験にはいろいろあますが?ちなみに倍率が高いのが航空学生です。身体能力(運動能力)が高くても、適性検査、身体検査、素養に問題があると合格できません。一番重要なのは、適性です。いろいろな職種がありますからね。それと、大きく分けて航空、艦艇、潜水艦、陸上(後方)の4つに分類されます。
主に海上防衛ですが、今は海賊対処(アデン湾)、次に震災等が発生した時には速やかに出動となります。
私の知り合いに艦艇希望の方がいましたが、適性が航空の方が適性が高くパイロットとして勤務されている方がいます。

uru********さん

2012/1/2316:56:33

僕は海上保安官を目指しているものです

役柄はちがえど同じ命の現場ではたらくものとして回答させてもらいます

正直自衛隊は体力がないとついていけませんのでいまの息子さんの体力なら十分についていけるでしょう。
ですが、そこでの訓練は想像をはるかにこえますので安心してはいけませんよ。

倍率は、自衛隊関係のニュースや特集があったりした場合に前後します。
最近ではそういったニュースを見かけませんのであまりたかくはならないかと思われます。
ですが、試験になれるために受ける人がすごくいますので、倍率はくるわされます。
しっかり勉強すれば、気にしなくてもいいとおもいます。
難易度はそこそこなのでしっかり問題集をかって実力をつけるのもよいと思いますよ。
自衛隊へ問い合わせをして、最近の過去問をくれますかときくとくれる場合もあります。一度問い合わせてみるのもよいでしょう。

市販でも過去問や関係のある問題集はありますので心配なさらずに。

息子さんの合格願ってます!!がんばれ!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる