ここから本文です

甲状腺分泌ホルモンの異常と精神疾患(鬱や双極性障害その他)って、関係あります...

サクトさん

2012/1/2913:11:26

甲状腺分泌ホルモンの異常と精神疾患(鬱や双極性障害その他)って、関係ありますでしょうか?
自分は双極性障害と診断され休職に入りました。 本当に自分は休職加療が必要な程の病気なのか、という事は過去質問させて頂きました。
ここ数日はずっと家に引きこもってます。リフレックスは毎晩30㍉飲んでますが未だ何もする意欲が湧きません。
そこで、甲状せん異常でもこれに似た症状がある、みたいな事を知恵袋でも見かけたのですが、一度その角度からも診察受けた方が良いでしょうか?
(当初の適応障害発症から今の双極性に至り、かれこれ一年半以上になります。こんなにも長期化するという事は…・・・?と考えた次第です。)

閲覧数:
5,902
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2012/1/2914:34:59

甲状腺機能の亢進、低下とも精神症状がでてくる可能性はあります。バセドウ病のように甲状腺機能が亢進した状態が続けば、幻覚妄想状態や躁状態に似た精神状態になることもありますし、甲状腺機能低下症では鬱状態になったりします。他にも様々な身体疾患で出現しえます。
比較的甲状腺機能異常で精神症状が出現しやすいので、精神科の初診の血液検査で甲状腺機能の検査をしている病院も多いですが、クリニックだとあまり検査自体しないところもあるみたいです。
他の症状(むくみ、脱毛症、体温異常、発汗の異常、心拍数の異常、眼球突出)などの症状の有無も注意してください。
検査代は実費で数千円高くなりますが、3割負担あるいは1割負担ならそれほど高額になりません。ちなみに甲状腺の病気は女性のほうが多いです。
主治医に相談してみてはどうでしょうか?

質問した人からのコメント

2012/2/2 20:01:28

ご丁寧に回答ありがとうございました。
明日診察日なので、先生に相談してみます。薬による肝臓への影響を調べるための血液検査はしましたが、甲状せんの方は調べてもらった事なかったので。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

han********さん

2012/1/2914:24:46

全く的外れかもしれませんが、取りあえず書いておきます。
気分安定剤のなかに「リーマス」という炭酸リチウムの薬があります。
この薬を長く飲んだり、量が多すぎたりすると、甲状腺異常を起こします。
私は半年くらい飲んで、血液検査で甲状腺異常が見つかり中止しました。

そういった薬もありますので、主治医に一度お訊ねになるといいと思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる