ここから本文です

ストラトギターのフローティングについて なのですが、 普通のチューニングで...

kk2********さん

2012/1/3001:05:19

ストラトギターのフローティングについて

なのですが、
普通のチューニングでフローティングを合わせるとします

そこから、半音下げチューニングにしようと合わせるのですが

なかなか

あわないのでずっとやっていると

どんどんブリッジと本体の隙間が狭くなっていくんです(>_<)


半音下げしても
弦とスプリングはある程度釣り合うと思うんですけど

なかなかうまくいきません


やはり
フローティングしたギターは
チューニングを変えないほうがいいのですか??

閲覧数:
973
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

su_********さん

2012/1/3001:22:13

ストラトのシンクロナイズド・トレモロは弦の張力とユニットのスプリングの張力のバランスでチューニングを保っています。
ですので、半音下げチューニングを行えばその分弦の張力は弱まりスプリングに引っ張られます。
その為フローティング状態ではブリッジとボディの間隔は必然的に狭くなります。
その為半音下げチューニングを行い、フローティングを維持するにはスプリングの張力も弱める必要があります。
方法は2つで、ボディ後のカバーを外し
1.アンカーのねじを緩めて張力を下げる。
2.スプリングの数を減らし張力を弱める。
のいずれかです。
どれくらいやればいいかの分量はあくまで弦の種類やどれくらいフローティングさせるかで変わりますので
細かに調整しながらあわせてください。

質問した人からのコメント

2012/1/30 01:55:33

感謝 丁寧にありがとうございます

ためしてみます!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる