ここから本文です

エレベーターの中に有る鍵の差し込み口は何の為に有るのですか?

ginzanomariaさん

2012/2/216:52:03

エレベーターの中に有る鍵の差し込み口は何の為に有るのですか?

閲覧数:
31,545
回答数:
5
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

r_asanagi_3さん

2012/2/914:09:31

エレベーターについているいろんな鍵穴

【扉やフタの鍵】
・操作盤下にある鍵穴
エレベーターのスイッチボックスの鍵。開けると「電灯」「換気扇」「ドア」「点検灯」などのスイッチが入っている。

・入って正面の下側にある鍵穴
トランクの鍵。マンションなどで、長尺のストレッチャーや棺桶を入れるためのもの。トランクの部分は人の乗る部分に含めないため、元からストレッチャーの入るサイズにするより積載荷重を小さくでき、結果として設置コストが低い。

・側面にある鍵穴
救出扉の鍵。エレベーターが複数台横に並んでいる場合、故障したときにはしごを渡して別のエレベーターに乗り移る。通常は外から開ける。


【スイッチ系】
・「○階サービス切離」
特定の階に止まらないようにするためのキースイッチ。雑居ビルに多い。

・「一次消防」「二次消防」
消防隊のためのキースイッチ。火災などで止まったエレベーターを動かしたり、ドアが開いたままでも強制的に動かすことができる。非常用エレベーターについている。

質問した人からのコメント

2012/2/9 20:39:59

成功 分類して数々教えて頂き、有難う御座いました。
大変、勉強になりました。ご回答に感謝いたします。

全ての回答者様

sakataka20 様
onii3_moco 様
brownhibu 様
mogmogmorizou 様
r_asanagi_3 様

にお礼申し上げます。
次回のつたない質問にもご教示下さい。
お待ちしております。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2012/2/609:29:54

押しボタンの下にある鍵は、開けると中に ・自動運転/手動運転切り替えスイッチ
・ファンスイッチ ・ 照明スイッチ ・手動時昇降ボタン などのスイッチがあります。

背面にある扉の鍵は(主にマンション・アパート)、奥行きが狭いエレベータにあり救急搬送用・棺桶を入れる時に使用します。

側面にある扉の鍵は(主に高層ビル)、エレベーターが2台以上横に並べられた仕様になっている場合緊急用として使用されます。
横のエレベータが何らかの理由により停止し、人の救助等に他のエレベータで扉を開けて救助が出来ます。

brownhibuさん

編集あり2012/2/402:27:30

運転盤の下にあるのは業者が点検時に低速運転、停止等させるための操作スイッチがあります。

集合住宅用エレベーターには入って正面の壁に棺桶を運ぶためのトランクがあり、住人が亡くなるとそこを開けて運搬します。

onii3_mocoさん

2012/2/223:30:12

そのキーを開けたところに、赤いボタンが有り、
それを押すと、屋上を突き抜けて空に飛びあがります。



そんな夢を見たことが有ります。

sakataka20さん

2012/2/217:38:12

マンション等のエレベータの奥には小さな扉があります。
エレベータによって違いますが、高さが1メートル程度の低いものに「鍵穴」があります、これは荷物入れではなく、緊急避難口でもない、棺桶や救急担架用の「トランク」と呼ばれるものです。
奥行きの短いエレベータの場合、人が寝たまま入ることが出来なので、そのためトランク付エレベータでは棺桶を運ぶ時や、救急の時にはここの鍵を開けて、奥行きが大体2メートル以上になるように作られています。
鍵を管理するのは管理者で、要請があれば開けることになります。
ところが管理人がいないマンションもあるし、深夜まで柔軟に対応できない。
そこでメーカーごと、自治体ごとに共通の鍵を使用することを決めているところもあるが現在のところまだ難しいようです。

http://www.zb.em-net.ne.jp/~ms-summit/news28/elv-key.html

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。