ここから本文です

エヴァンゲリオンで使徒は悪役とされていますが、聖書で使徒とは、キリストの福音...

tak********さん

2012/2/321:13:40

エヴァンゲリオンで使徒は悪役とされていますが、聖書で使徒とは、キリストの福音を伝える者です。なぜに善悪がひっくりかえってしまったのでしょうか?

エヴァンゲリオン物語は反キリストを表しているのでしょうか?エヴァンゲル=福音だそうで、聖書と関係ありそうなので、気になった次第です。

閲覧数:
11,756
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nya********さん

2012/2/610:57:38

①使徒の善悪
逆です。
使徒が悪役になったのではなく、人間が悪魔になっているのです。
人類の敵として扱われている使徒は、第一使徒アダムより生まれし存在です。聖書でもアダムは神の造った最初の人間として描かれており、使徒(=天使)たちはそれを監視・護衛するよう命令されています。エヴァの世界では、本来地球に繁栄するべき種族はアダムの使徒たちでした。しかしアダムの卵(=南極で発見された白き月)が孵るより前に、リリスの黒き月が地球に衝突(ファースト・インパクト)し、間違ってリリス側の使徒である人類(=リリン)が地球に住み着いてしまいました。使徒たちはただ、侵略者から自分たちの楽園を守ろうとしているだけなのです。カヲルも、「滅びの時を免れ、未来を与えられる生命体はひとつしか選ばれないんだ。」と言っています。

そして人類ですが、人類は第二使徒リリスより生まれた18番目の使徒リリンだと言われています(あくまでエヴァでの話)。聖書においてリリスとは、アダムの元妻であり、神にただ従うだけのアダムに愛想を尽かして悪魔側へ寝返った最初の女です。そして彼女が悪魔たちとの間につくった子供が、”悪魔の娘たち(リリン)”なのです。ちなみにリリスはイヴを騙して知恵の実を食べさせた蛇であり、その罪深さゆえに神によって「永遠に地面を這いずりまわる運命」という罰を受けました。

ですから、エヴァの悪役は、実は人類なんです。
それを撃退するという矛盾に、シンジは薄々気づいてましたね。

②エヴァは反キリスト?
というか、もっと身近なテーマだと思いますよ。
ただ聖書の内容を元に色々構成されているだけで。

エヴァの主人公たちは14才の少年少女であり、人間としては丁度苦悩する時期です。人間の汚さや見たくない部分に気づきはじめ、何もしていなくとも罪悪感を感じるようになり、精神的には非常に不安定です。そんな人間の「見られたくない部分(嫉妬・性欲・執着など)」は聖書においては堕落であり、つまるところ人間は悪魔の方が存在としては近いものがある、ということかと。

エヴァはしばしば、『デビルマン』との共通点をあげられます。
やはり、他の作品とは違って、「悪の立場にいる人間を救ったあげくの苦悩」が主人公には付きまとうようですね。デビルマンも悪魔の力を使って悪魔と戦い、人間を守るわけですが、結局最後には人間同士で殺し合いをはじめてしまう…という内容でしたし。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mr_********さん

2012/2/617:28:10

聖書が日本語に翻訳されたとき、使徒という言葉は、2種類の意味を持たされたんですよ。
ひとつは「Apostle」。これは質問者様もご存じのとおり、キリストの12人の弟子をはじめとした福音を伝える者です。新約聖書のマタイ、マルコ、ルカ、ヨハネらの福音書に出てくる呼び名ですね。
もうひとつは「Angel」。これは神の御使い。天使です。旧約聖書の創世記やエゼキエル書などに出てくる呼び名です。

で、エヴァに出てくる使徒は「Angel」です。
根本的に、キリストの福音を伝えるもの「Apostle」ではないんですよ。

とはいえ天使も神の御使いであり、善性のものには違いありませんが、なぜこれが敵として出てくるかというと、人間が悪魔に相当する存在だからです。
ただしこれはエヴァが、反キリストの物語ということとイコールではありません。
作品にとって、キリスト教系の創世神話は世界観を形作るモチーフにすぎないんですよ。神と呼ばれる存在は、敵や悪役というより、自立にあたって反抗すべき親として登場ですね。

聖書ではまず神がアダムを創り、次にアダムの肋骨からエヴァを創ります。
エデンの園に住む彼らは、そこにある「知恵の実」以外のすべてを食べることを許されていましたが、ある日エヴァは蛇に唆されて、その実を食べてしまいました。こうして神のように善悪を知る者になったエヴァは、アダムにもその実を食べさせます。
神はこのことを怒り、蛇の足を奪いました。こうして蛇は地を這う獣になります。
さらにアダムとエヴァに対しては、このうえ生命の実まで食べれば自分と同等の存在になってしまうとして、エデンの園から追放します。彼らの子孫が人類であり、ゆえに人類は「知恵」という原初の罪を持つ存在とされています。

さて、この旧約聖書創世記の話には、実はアダムとともに創られた最初の女性リリスが存在したという解釈があります。
彼女はアダムを裏切って辺獄へ逃げ、そこで悪魔と契って子をもうけます。さらに蛇の姿に化けてエデンの園に戻り、エヴァを誘惑して知恵の実を食べさせたというものです。
エヴァが採用しているのは、この世界観ですね。

人類はリリスの子ですので、創世神話の世界観に照らせば悪魔の子ということになります。原罪を背負って生まれた、アダムとエヴァの子孫(人間)ですらありません。
なので神の御使いである使徒との対立の構図が生まれるわけです。

繰り返しになりますが、これは対立の構図のモチーフになっているというだけの話で、人類が神話と照らして悪魔の子だからという理由で、天使の名を持つ存在が襲ってくるわけではありません。
アダムの子である使徒は、リリスの子である人類と生存競争の関係にあり、人類が自分たちより先にゼーレの言う「あるべき姿」の生命体に進化しないよう、阻止のために襲来してきています。

ka3********さん

編集あり2012/2/323:42:12

使徒は悪役ではないような気がします。
もし神の裁きなるものがあるとすれば、それは、人間が考え得る程度の善悪など超えて無慈悲で、「エヴァ」にみるような、あんなかたちで、ひょんと訪れるのではないか、などと空想しながら、あのアニメを見ていました。

カミュの小説「ペスト」が妙に頭に浮かびます。関係ありませんが。

fyo********さん

編集あり2012/2/323:16:54

あのアニメに悪とか善とかないでしょうし。反キリストみたいな解りやすいテーマでも無いと思います。

うーん、説明すると長いので簡単に・・・
どちらかというと人間の方が間違った存在で、その人間は繁栄するべきではなかった、ゼーレの考える人類補完計画はその間違った人間を始まりに戻すのが目標の様です。

ユダヤ教、キリスト教には詳しくないのですが・・・
人は禁断の実、知恵の実を口にしてエデンを追い出されます。人が生命の実を手に入れると神と同じになってしまうのでそれを神は防いだわけですね。
ユダヤ教で使徒とはその生命の木を人から守るものだそうです。
つまり、イエス・キリストの弟子とは違うかと。

エヴァンゲリオンでいう生命の実とはS2機関のことですね。
ゼーレの考える人類補完計画と碇ゲンドウの考える人類補完計画は違います。

ゼーレ案は人のATフィールド(自我?)を無くしてLCLに還元、魂をガフの部屋(ジオフロント)へ戻す。旧作では一応成功

ゲンドウ案は生命の実を手に入れ新たな生命(神?)へ進化する。

どちらにせよ、最終的に生命の樹(セフィロトの樹)を出現させる必要があるため、使徒と戦うのかと。
旧劇場版では最終的に出現しますね。

キリスト教よりも、旧約聖書やユダヤ教の伝承と関係が深そうですね。

xmx********さん

2012/2/323:05:29

エヴァンゲリオンでは聖書・キリスト教関係の用語が多数使われていますが、庵野監督は「衒学的(げんがくてき)」と言ってます。

衒学的というのは「知識や教養をひけらかす事」という意味で、キリスト教・聖書関係からの用語は内容を深く見せかける為の小道具です。

キリスト教に関係する「死海文書」という単語が出てきたので、かつてのエヴァブームの頃に「現実の死海文書に関する解説本」がコミックコーナーにあったという笑い話的なこともありましたが、「現実の死海文書」を読んでもエヴァの理解には何の役にも立ちません(「現実の死海文書」には現在のキリスト教にとって都合の悪いことが書かれているので、未だ一部が隠蔽されている、というのをネタとして利用しただけです)。

他に「聖書」やまじめなキリスト教関係の文献を読んでもエヴァの理解には何の役にも立ちません。

cd_********さん

編集あり2012/2/322:02:13

もしかしたら・・・勝手な解釈ですが・・・エヴァンゲリオンの名前は

エヴァンゲル利音 (福音=利音) かも ・・・ !!!!!!

ひっくりかえってしまった理由については 、 バトル として 物語を展開させた方が

面白いからと言うことなのではないでしょうか ? もしかすると 幸福は勝ち取るものだと

いうことなのでは無いでしょうか。!? 待っていても 幸運は着ませんしね ^^

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる