ここから本文です

薬物使用?さくらももこ先生(ちびまる子、コジコジの作者)は漫画を描く時「薬物...

hhm********さん

2012/2/404:16:46

薬物使用?さくらももこ先生(ちびまる子、コジコジの作者)は漫画を描く時「薬物でキメてた」って本当ですか?
コジコジというアニメのある場面についてそういったコメントのやり取りが多くありました。

(考察サイトのようなところやYOUTUBEで見ました)

幻覚作用のある飴とか(怖いけど好奇心に負けてみんな食べてしまう)、一時的に一人だけ別世界に行くという内容です。
それを書いていた薬物使用者や薬物賛成っぽい人たちの実際の体験談によると、薬物を使用した時の感覚にそっくりなんだそうです。
なにより「メルヘン」とか「架空の動物」とかが出てくる時点で、もうそういう事なのだと言います。
作家や芸能人でも昔から使用の「うわさ」が絶えない人いますけど、さくらももこ先生ってそういう所で名前があがるような方なのでしょうか?

閲覧数:
3,913
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bbs********さん

2012/2/818:29:06

○リー○ッターの作者に対して「コカイン・ヘロインの幻覚からネタを得ていた」というような事を書き込んで地味に広まってしまった日本人がいました。
ファンからは、日本の少女趣味(ロリコンアニメやアイドル)こそ狂ってるとか、時に他国に飛び火する日中韓のネットバトルを例に出して、東洋人はインターネットを使いこなす知能がないと言われていました。
発言には責任を。最低限のマナーを。

日本に出回るドラッグは北朝鮮製や中国製バイアグラのような偽者も多いです。
`通常’よりも脳や内臓に負担をかける。発がん性が高い。と変な警告もされています。
薬物は一度の使用でも、多かれ少なかれ生涯にわたり確実に人格や人生観を変えるとされています。
レントゲン写真で見れば使用後の脳は変化しています。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

atp78さん

2012/2/412:38:13

ないでしょう。
著作物の内容のなかで、幻惑的世界観を表現したということではないでしょうか?
そのうえで、そう言った表現は物語の設定を作る上での小道具、レトリックとして作用させていたのだと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる