ここから本文です

小学五年生の娘がおります。中学一年生になったら、頚ガンのワクチン接種をしよう...

kan********さん

2012/2/602:55:40

小学五年生の娘がおります。中学一年生になったら、頚ガンのワクチン接種をしようかと思っておりますが、接種にあたっての、メリット、デメリットを教えてください。

閲覧数:
162
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

poc********さん

2012/2/610:01:18

メリットは子宮頸がんの原因であるHPVウイルスの感染予防ができるということです。

接種すれば絶対にがんにならない、ということではありませんが、がんを引き起こすHPVウイルスの型に感染しないように予防できることは画期的なことです。

仮に子宮頸がん検診で異常がわかった場合、精密検査が必要になってきます。
定期的に受診する必要もあります。
もしかしたらがんに移行するかもしれないという精神的な不安を抱えながらの生活になります。
本当にガンになれば高額な治療費や精神的苦痛も出てきます。

HPVウイルスに感染することを予防するという意味は大きいと思います。

デメリットは3回接種で50000円と高額なことです。
中学生の場合は無料接種の対象になるとは思いますが、国の補助いつまで続くのかは不明です。

効果が約7~8年と意外と短いことです。
他のワクチンでも同じくらいの効果なのでこれは仕方がないのかもしれませんが、高額な割には短い気がします。



「しきゅうのお知らせ」というサイトをご覧ください。
子宮頸がんについて、ワクチンについて詳しく載っています。

いろいろネットでは間違った情報も多いので、まずは保護者が正しい知識をもつことが大切だと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる