ここから本文です

「頷く」や「躓く」は 「うなずく」「うなづく」、「つまずく」「つまづく」のど...

onlytheyoungunderstandさん

2006/5/608:20:54

「頷く」や「躓く」は
「うなずく」「うなづく」、「つまずく」「つまづく」のどちらでも変換できますが
「基く」は「もとずく」では変換できません。
その逆に
「跪く」、「傅く」、「力尽く」は「ひざまづく」「かしづく」「ちからづく」では変換できません。
「~ずく」、「~づく」の形をした語の「ず」と「づ」の使い分けには
どのようなルールがあるのでしょうか?

閲覧数:
36,128
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2006/5/612:30:33

「現代仮名遣い」は矛盾だらけですので、辞書で確かめるよりないと思います。ヤフーの辞書で調べてみましたが(参考URLをご覧下さい)、「ずく」とつづることになっている言葉の殆どが旧仮名遣いでは「づく」で、言葉の成り立ちからもその方が筋が通っていることが分かります。
思うに、「ず」と「づ」は同音とみなし、すべて「ず」に統一するというのがその趣旨だったのでしょうが、漢字との矛盾から「づ」がどうしても残ってしまったというのが実情だと思います。
↓fontomanie さんの回答を見て思いましたが、ご質問にもある「力尽く」などは、文字どおり「力を尽くして」ということが元になっていますから、いくら辞書にそう書いてあっても「力ずく」とは気持ち悪くて書けませんね。言葉に正直であろうとすれば、現代仮名遣いに反対するか、遊離するよりないように思えて来ます。
http://dic.yahoo.co.jp/bin/dsearch?p=%A4%C5%A4%AF&stype=3&dtype=0
http://dic.yahoo.co.jp/bin/dsearch?p=%A4%BA%A4%AF&stype=3&dtype=0
http://www5b.biglobe.ne.jp/~kokugoky/ishiwi1.htm

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

fontomanieさん

編集あり2006/5/612:19:51

私は現代仮名遣いをくだらないと考える人間ですが、現代仮名遣いのルールのごときものを書きます。

「基づく」は「基」に「もと」という読みがある。「基」+「付く」 (二語の連合) だから、「もとづく」とする。
(質問の「基く」は活用語尾でない「づ」を送り仮名から省いたもので、本則ではない。)

それ以外はすべて「ず」。
「頷く」「躓く」が「づ」でも変換できてしまうのは、「間違える」人が比較的多いので、変換辞書がサービスしている。

「力ずく」の「ずく」は単独で使うことがない。「ZUKU」という接尾語であり、二語の連合ではない。
そもそも「ずく」は仮名書きにすべきである (「これだけ」は「これ丈」と書かない)。


「蹄」は「爪」を含むから、「ひづめ」とする。
「絆」は「綱」を含んでも、「きずな」とする。
「纜」は字数が多く、何かの「綱」とわかるから、「ともづな」とする。

orikofukuさん

編集あり2006/5/609:17:07

ルールというより、歴史的かなづかい、現代かなづかい、表音式かなづかい等が異なることが、基本的には変換の可否になるものと思われます。
もちろん辞書が間違っていたりすることもあるでしょうが、言葉や文字なんて時代とともに変えられてしまうので細かいことにこだわる意味もないでしょう。きっとまた変わりますから・・
私の時代からすると、おくりがなや、漢字の書き順まで変えられてしまっているのですから当時の勉強は何だったの?ってところです。
国語で親と子が違う教育を受けているのですから、教えることも出来ない状況を国はつくりだしているのです。

2006/5/608:37:49

多くはは「ず」ですが、中には「づ」もあります。
目安としては、最小単位に小分けをして、その語幹の連体形で見分けます。
「力尽く」は「力」と「尽く」の複合語です。
「尽く」の連体形は「つき(る)」ですから、「づ」だと言うことが理解できます。
その他は臨機応変で対処してます。

kinyakuboさん

2006/5/608:29:38

小学校の5年生のときに習いました。間違った変換が出来るワープロには問題がありますね?あなたの覚えているルールでよいのです。ワープロの設定が間違っているのです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。