ここから本文です

耐震 壁”について

gt1********さん

2012/2/1122:22:05

耐震 壁”について

構造合板で 土台から ハリまで施工したいのですが
既存住宅のリフォームのため、天井・床をそのままで
間柱・柱を入れて
天井から床までの間に構造合板を貼った場合の 壁倍率はどうなりますか?

基本は 天井を開け、 床も撤去し土台からがベストなのですが・・。

吉野石膏のHPに壁上下隙間仕様~という工法があり壁倍率は2倍でした。

参照 http://yoshino-gypsum.com/kouhou/tairiki/tairiki04.html

閲覧数:
555
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mov********さん

2012/2/1319:59:30

通常仕様の構造用合板耐力壁の強さ:6kN/m(3倍)
質問の仕様:2.5kN/m(1.28倍)

耐震診断では、一般的に
・耐力壁仕様:土台~梁に達する壁
・非耐力壁仕様:土台~天井の壁
として定義し、非耐力壁仕様の壁については現況に応じて適宜耐力を低減する。としています。

非耐仕様の具体的な数値は示されていませんが、例外的に構造用合板だけは具体的な数値が示されています(耐震改修で用いられる事が多いため)。
最初に挙げた数字は建築防災協会の一般診断法に規定されている値で、実質的な業界標準として用いられてます

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

tra********さん

2012/2/1200:12:12

その壁には、壁倍率はありません。
壁倍率と言うのは、国交省大臣認定ですので、試験が必要です。
構造用合板の試験は、梁・土台・柱の仕口4ヵ所を結んで行っています。
したがって、梁側・土台側に空間が出来る形の試験は行っておりませんので、壁倍率は存在しません。
また、面材を取り付ける時の注意事項として、釘ピッチ・釘の打ち込み。
これを間違うと、壁倍率が変わってきます。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる