ここから本文です

円からユーロへ 大黒屋で1ユーロ 107円 新生銀行レートが105円 (新生銀行は手...

ret********さん

2012/2/1914:20:17

円からユーロへ
大黒屋で1ユーロ 107円
新生銀行レートが105円
(新生銀行は手数料が一ユーロにつき50銭プラス。大黒屋は込み

新生銀行はユーロの直接現金取引はしていないと書かれていま

した。
(これは全く日本での為替は行っていないということですか?

この場合現地でユーロをおろしたほうが手数料込み込みでも得ということでしょうか?

空港にどこかしらの銀行のATMがあれば
手持ちユーロゼロで入国しても支障はありませんよね?

ちなみに空港はマルペンサです。

補足補足情報ありがとうございます。

結局をいうとクレジットのキャッシングが一番おとくなのですか?

新生銀行は海外にて便利。

大黒屋は銀行よりも手数料が少ないと聞いてニ択にしました。

閲覧数:
2,799
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kaz********さん

編集あり2012/2/2013:12:32

>新生銀行はユーロの直接現金取引はしていないと書かれていました。
これは全く日本での為替は行っていないということですか?

外貨預金や海外送金は取り扱っても外貨現金は取り扱わないということです。


>空港にどこかしらの銀行のATMがあれば手持ちユーロゼロで入国しても支障はありませんよね?

クレジットカードの海外キャッシングが一番お得ですが、その他カードの裏にあるマークと同じマークがあればキャッシングできます。ただATMがわかりにくい場所にあったり故障ということもあるので、念のため最低限のユーロ現金があれば十分でしょう。
空港からホテルまでもタクシーの支払いも、空港カウンターなどではカード支払いができます。

〔補足への追加情報〕

〔カードによるキャッシング〕
※いずれのカードにせよ、ATMで利用できるカードのマークと同じマークがカードにあれば使えます。
あと現地ATMの利用手数料が別途かかるかもしれません。

・三井住友カード https://www.smbc-card.com/mem/service/sec/kaigai01.jsp
ショッピングの両替コストは1.63%、キャッシングは上乗せレートなし、ただし返済日までの年18%の金利がかかります。
(返済日まで1-2ヶ月→1.5~3%、ただし繰上げ返済できます。 https://www.smbc-card.com/mem/info/info_faq_cashing3.jsp
1回について210円の手数料が掛かるので、まとめてキャッシングして利用回数を減らすと良いでしょう。でも余分な現金を持ち歩くより便利かもしれません。

・新生銀行キャッシュカード http://www.shinseibank.com/atm/riyou_kaigai.html
両替コストは4%、利用手数料はなし


〔外貨現金〕
・大国屋 http://gaika.e-daikoku.com/
ユーロ売買レートの開きは8円、その半分4円が両替コスト

・三菱東京UFJ銀行 http://www.bk.mufg.jp/gdocs/kinri/list_j/kinri/tvl_check.html
T/Cレートに2.5円の上乗せ、そしてT/Cチェックレートにはすでに1.5円上乗せされているので合計4円

※2社を比べると同じです。決定時刻が異なるためレートに若干の違いはあるでしょうが、空港についてすぐに必要かも知れない程度の数万円分を両替するのにわざわざ時間と交通費を使うほどのことはないでしょう。 ※0.5円×100ユーロ=500円

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

mts********さん

編集あり2012/2/2016:04:40

[補足への回答」
クレジットカードが必ずしも得とは言えないです。現地でカードで買い物すればユーロでカード決済になりますが、カード会社とあなたの決済は、カード会社へ現地のショップからユーロの請求書が届いた時点での為替相場で円に換算し、あなたへ円で請求されます。従って、今は円高でも決済時(請求書到着時点)には円安になっているかもしれないからです。
今日の銀行の相場は、若干ユーロ安で、東京三菱UFJのユーロ現金売り相場は1ユーロ=109.21円になっています(添付サイトご参照)http://www.bk.mufg.jp/gdocs/kinri/list_j/kinri/kawase.html
大黒屋(金券ショップ)は、109.28円ですから、銀行の方が安いです。
このように銀行や金券ショップなら今の相場で円換算額が確定しますが、クレジットカードの場合には、決済時の相場が今の相場よりもユーロ高(円安)になる可能性もあり高くつく場合があると言うことです。
ですから、円高のタイミングで銀行か、大黒屋で今の相場で両替した方が後後、安心ではないでしょうか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新生銀行は外貨の両替業務をやっていませんが、他のメガバンクや大手の地方銀行なら両替はやっています。また、日本の空港にも銀行の両替出張所が出店していますので、土日や休日ならそこで両替することも可能です。

為替相場は、ユーロの場合、銀行での両替相場は、ユーロの外為市場相場(テレビや新聞等で報道されている相場)に銀行の為替・両替手数料が1ユーロ当たり4円上乗せされた相場になります。つまり、市場相場が1ユーロ=104円だとすると、銀行の両替相場は1ユーロ=108円になると言うことです。
「大黒屋」は金券ショップ(両替商)ですので、銀行手数料よりも若干サービスしていますので、銀行より安い相場で両替しているようです。

又、クレジットカードで現地ATMで外貨(ユーロ)のキャッシングは便利ですが、国や銀行によってはそのATM使用料を取られるケースもありますし、またクレジット会社との決済時に、カード会社の手数料1-2%(クレジット会社によって違う)がかかります。

従って、現地ですぐに両替できない場合もあるので、小口のユーロ現金は出国前に空港とかで両替しておいた方が現地であわてなくても済みます。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる