ここから本文です

山廃仕込みとは山卸をしないこと、つまり作業工程を省略することなのに、何故大き...

tok********さん

2012/2/2210:44:42

山廃仕込みとは山卸をしないこと、つまり作業工程を省略することなのに、何故大きく商品の売り文句としているのでしょうか?

山廃仕込みと大々的に売り出しているお酒があります。
でも山廃仕込みとは昔ながらの酒造工程である山卸という工程を省いたものとなります。
その山卸の工程とは米をすりつぶすとても重労働の工程のようです。

つまり山廃仕込みとは、
機械の導入によってもたらされた近代的なお酒、ということならなんとなく分かります。
それなら商品の売り文句としてのインパクトは強くないと思います。

酒造メーカーは何故、「山廃仕込」と大々的に売り出しているのでしょうか?
教えてください。

閲覧数:
22,858
回答数:
3
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mar********さん

2012/2/2212:49:32

そもそも山廃仕込みを『機械の導入によってもたらされた近代的なお酒』と考えているところが間違いですよ.機械はまったく関係がありません.科学的に山卸の意味を解明した結果,山卸を行なわなくても麹から溶け出した酵素液を汲んで、蒸米の上からかけ、糖化作用を促進する「汲み掛け(くみがけ)」操作を行なえば同じ結果が得られることがわかったために山卸を行なう生酛づくりが衰退したのです.山廃が考案されたのは明治42年のことです.労働作業が軽減されただけで酛づくりにかかる時間はかわりません.

これに対して,乳酸を人工的に加えて酛づくりの期間を大幅に減少させたのが速醸酛です.さらに,通常よりも高熱をかけて米を変性する高温糖化酛というのもあります.この二つが現在の大メーカーの造る日本酒の中心となっている酛づくりです.いずれも薬品を加えたり,高温に曝したりという不自然な工程を含むために味の方も本来の日本酒のものとは異なってきます.このような「機械の導入によってもたらされた近代的で安く造れる酒」に対して,『昔の』山廃に戻したのが『山廃仕込み』です.

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「山廃仕込みとは」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

Hareさん

2012/2/2600:42:08

山廃は古い醸造方法です、
現在の速醸酒とは違い長い醸造期間がかかり、また菌も弱いので冬場しか出来ません、
味は濃厚で さっぱり系の大吟醸とはまったく違います、
山廃仕込み とは中途半端な表現ですが、これは正式な山廃ではないがそれに近ずけた製法で、味も山廃に近い味ですよとのことと解釈します、
私は 山廃仕込み ではなく 山廃 を選んでいます。

dmw********さん

2012/2/2213:29:46

機械で米粒を磨り潰すのではないです。
米麹の酵素を利用して米粒を磨り潰すのと同じ様な状態に出来るような技術が開発されたみたいです。
今で言うバイオテクノロジーってやつですか。
どっちにしろ速醸系と比べたら仕込みに手間暇が掛かる仕込み方法です。
しかし、その酒は生もと同様にしっかりした味わいで酸味の利いた仕上がりになります。
突き詰めれば山廃と書くのは、この味わいを買い手に理解させるのに一番わかるからではないでしょうか?

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる