ここから本文です

簿記3級の売掛金買掛金の仕訳について回答が分からないので質問させていただきます...

yot********さん

2012/2/2313:50:48

簿記3級の売掛金買掛金の仕訳について回答が分からないので質問させていただきます。長文ですが分かる方よろしくお願いします。

①決算にあたり、売掛金残高160万円に対して3%の貸倒れを見積もった。ただし、貸し倒れ

引当金勘定残高が5万円ある。
②翌期になって、得意先のW商会が倒産し、前期より繰り越した売掛金4万円が回収不能になった。
③決算に当たって売掛金残高140万円に対して5%の貸倒れを見積もった。

この①~③は連続した仕訳になっているのですが、③の仕訳として
(借)貸倒引当金繰入62000(貸)貸倒引当金62000
となるのですがその解説として「この時点における貸倒引当金勘定残高が48000-40000=8000あるので、新たに貸倒引当金に繰り入れる金額は70000-8000=62000となる」とありますが、なぜこうなるかが分かりません。48000と40000が①②から出てくるのは分かるのですが、それがどういう経緯を経て③に関係してくるのか分からないので、分かる方、ぜひとも解説をよろしくお願いします。

閲覧数:
275
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

ban********さん

2012/2/2314:22:22

差額補充法による処理を採用しているという前提で考えます。

①借方)貸倒引当金 2,000 貸方)貸倒引当金戻入 2,000
※この時点で貸倒引当金の残高は48,000になります。

②借方)貸倒引当金 40,000 貸方)売掛金 40,000
※この時点で貸倒引当金の残高は8,000になります。

③借方)貸倒引当金繰入 62,000 貸方)貸倒引当金 62,000
※設定額=1,400,000×5%=70,000
繰入額=70,000-貸倒引当金の決算整理前残高8,000=62,000

質問した人からのコメント

2012/2/26 20:11:06

感謝 ありがとうございました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる