ここから本文です

確定申告にいきました。医療費が去年16万ほどかかったからです。 お金は一円も戻...

nek********さん

2012/2/2314:12:03

確定申告にいきました。医療費が去年16万ほどかかったからです。
お金は一円も戻らず、住民税がすこし安くなるだけと言われました。
どうしてお金ぎ戻らず、住民税なんですか?

閲覧数:
23,395
回答数:
9

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ori********さん

2012/2/2316:20:53

あなたが所得税を支払っていないか、住宅ローン控除などで所得税がゼロになっている場合は、いくら申告しても所得税は戻りません。
だって、戻る分がないんだもの。

医療費控除で戻ってくるのは、医療費ではなく、支払った所得税の一部なんです。

住民税が安くなるのは、所得税の方で引ききれなかった控除を、住民税の控除で差し引く場合があるからです。

質問した人からのコメント

2012/3/1 16:52:14

ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

ko_********さん

2012/2/2315:15:05

お手元にある申告書の控えを見て、もう一度、自分で計算してみてください。

医療費控除というのは、所得控除の一種なので、「所得税を計算する元になる額」が安くなるというものなのです。
なので、すでに納めた所得税がある場合は、控除後の所得税の額と比較した「差額」が戻るというだけなのです。

ですから、すでに年末調整を受けている方の場合で、源泉徴収税額が0円だったとしたら、もともと納めた所得税が0円なのですから、0円を上回る額が「戻る」はずがありません。
源泉徴収票または、申告書第1表控えの「源泉徴収税額」欄を見てください。

>どうして・・・住民税なんですか
についてですが、住民税というのは、所得税と違って「あと払い」です。
ですから、所得税のように「先払い」で差額が戻るという制度ではありません。
平成24年の住民税は、確定申告や年末調整の「結果」算出されるものなので、これから計算するのです。
そのため、医療費控除を計上すれば医療費控除がある状態で税計算をするので、控除が無い状態よりも安くなるのです。

kum********さん

2012/2/2314:24:07

所得税の支払が無いと、戻りません
確定申告で、所得税の金額を確認してください

住民税は、所得が変わると安くなります

han********さん

2012/2/2314:23:52

医療費控除は医療費が戻るのではなくて
税金が医療費額に応じて安くなるので
すでに払った所得税が戻る制度です
所得税払っていなければ戻る税金はありません。
もともと所得税はらっていないのではないですか?

また、住民税の計算の元になる所得が少なくなるので
住民税が安くなります。 こちらももともと住民税も
課税されないのであれば同じです。

koo********さん

2012/2/2314:23:50

医療費の控除での還付はあくまで払った所得税を戻してもらえるための手続きです。もし元々支払っている所得税が無いならいくら控除額があっても還付にはなりません。住民税は支払う金額があるので安くなるということでしょう。もしかしてローン控除などで全額還付なっていませんか?

yon********さん

2012/2/2314:22:05

給与所得ですか?

源泉徴収票の内容を書いてください。

給与所得控除後の金額
所得控除の合計
源泉徴収税額

住宅ローン控除をしていますか?

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる