ここから本文です

チトー大統領の時代にもユーゴスラビアでは民族対立はあったんですか? チトーが...

kam********さん

2012/2/2615:57:36

チトー大統領の時代にもユーゴスラビアでは民族対立はあったんですか?
チトーが強力な権力でナショナリズムをねじ伏せていたのですか?
チトーがスターリンやポル・ポトのようなことをした話は聞きません。

閲覧数:
1,228
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

na_********さん

2012/2/2616:26:04

チトーの時代にも、民族対立は存在しました。
チトーという人は、民族の融和を基本としていました。
そして、クロアチア人、セルビア人などの枠を超えて、ユーゴスラビア人としての民族の確立を目指しました。
そもそもユーゴスラビアは、南スラブ人の統一国家として作り出された国です。
南スラブ人として、民族の統合を意図して生まれました。
それを支えたのが、チトーのカリスマであり、米ソどちらにも属さない第三世界としての立場でした。
チトーが亡くなると、民族を束ねるカリスマを持った人物がいなくなり、またベルリンの壁崩壊による東欧圏の消滅で、ユーゴスラビアは、混乱に巻き込まれることになります。

チトー時代には、民族の差は、些細なこととして、全く問題にならなかったのです。
それは、チトーが、セルビア人ではなく、クロアチア人であったことも理由に入れてもよいかもしれません。

質問した人からのコメント

2012/2/26 16:27:29

成功 ありがとうございます。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる