七夕に詳しい人にいくつか質問をします

七夕に詳しい人にいくつか質問をします ①七夕の物語をなるべく短い文で教えてください ②なぜ笹の葉に願い事をつけるのか教えてください ③織姫と彦星は本当にいるのか いくつも質問して申し訳ないですがどれか1つでもいいんで教えてください

年中行事747閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

①七夕の物語ですが、昔々、天の川のそばには天の神様が住んでいました。天の神様には、一人の娘がいました。名前を織姫と言いました。織姫は機を織って、神様たちの着物を作る仕事をしていました。織姫がやがて年頃になり、天の神様は娘に、御婿さんを邀えてやろうと思いました。色々探して見つけたのが、天の川の岸で天の牛を飼っている、彦星という若者です。彦星は、とても立派な若者でした。織姫も、かがやくばかりに美しい娘です。二人は相手を一目見ただけで、好きになりました。二人は結婚して、楽しい生活を送るようになりました。でも、仲が良過ぎるのも困りもので、二人は仕事を忘れて、遊んでばかりいるようになったのです。すると、天の神様のもとへ、皆が文句を言いに来るようになりました。「織姫が機織りをしないので、皆の着物が古くてボロボロです。早く新しい着物を作って下さい」「彦星が世話をしないので、牛たちが病気になってしまいます」神様は、すっかり怒ってしまい「二人は天の川の、東と西に別れて暮らすがよい」と、言って、織姫と彦星を、別れ別れにしたのです。でも天の神様は、織姫があまりにも悲しそうにしているのを見て、こう言いました。「一年に一度だけ、七月七日の夜だけ、彦星と会ってもよろしい」 それから、一年に一度会える日だけを楽しみにして、織姫は毎日、一生懸命は機を織りました。天の川の向こうの彦星も、天の牛を飼う仕事に精を出しました。そして、待ちに待った七月七日の夜、織姫は天の川を渡って、彦星の所へ会いに行くというものです。 ②笹を使う理由ですが、地鎮祭とか神式の葬儀などでは今も竹や笹を立てる地域がありますが、笹は神聖な植物とされてきたからです。また清酒をササとよぶ場合があります。それは昔、酒の腐敗を防ぐためにササを酒樽に入れたことに由来しています。また笹寿司や笹まんじゅうなど、笹の殺菌効果を利用した食品があります。また笹の葉は胃薬や口臭防止薬にもなります。とても除菌効果が高い優れたものなので、聖なる植物とされてきたのです。 ③織姫と彦星は本当にいるのかどうかは不明ですが、「いる」と思っていたほうがロマンチックですよね。またお子さんには、ぜひすばらしい七夕のおはなしや、文化を伝えたいものです。 その場合、大人は「こんなのうそだ」とか「証拠がない」なんていうことは言ってはいけないのですね~。

画像

ThanksImg質問者からのお礼コメント

詳しいですね ありがとうございました

お礼日時:2012/2/28 20:50