ここから本文です

太宰治の「人間失格」の序盤でお教え下さい。 幼年期の話で「既に自分は、女中や...

buc********さん

2012/2/2721:48:02

太宰治の「人間失格」の序盤でお教え下さい。

幼年期の話で「既に自分は、女中や下男から、哀しい事を教えられ、犯されていました。 」と云う部分なのですが、此れはどの様な意味なのですか?

犯される、と云うのはそのまま、その意味で取れば良いですか?

哀しい事、と云うのは具体的にどの様なことでしょうか…?

日本文学が苦手なのですが、明日までに「人間失格」を読む必要があり、雰囲気では無くはっきり意味が分からないと納得して読み進められない性質なので、どなたかお教え下さい。

閲覧数:
2,840
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ren********さん

2012/2/2723:34:28

そのまんまの意味でいいようです。
私も最初高校生のころ読んだときは、
その部分で意味がわからずに流した覚えがあります。

その後、太宰氏に関する書籍で
氏は発達障害だったのではないかとのことと
幼少期に性的虐待を受けていたらしいという
説を読み、そのままでよかったのかと納得しました。

質問した人からのコメント

2012/2/28 23:11:45

降参 ご回答、有り難うございました。
太宰の生い立ちまで調べる時間が無かったので、助かりました。
ちゃんと最後まで読みましたが、やっぱり苦手でした(笑)

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

shi********さん

2012/2/2722:29:48

犯された!と言うのは!衝撃的だったと解釈しています!
ま~変態作家だからね~!何とも言えないが!

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる