ここから本文です

投資ファンドをシンガポールで行う上でのメリットは何でしょうか?

kou********さん

2012/2/2812:38:12

投資ファンドをシンガポールで行う上でのメリットは何でしょうか?

投資ファンドをシンガポールで行う上でのメリットは何でしょうか?単純に法人税が安いという事もありますし、シンガポールの金融庁的なところがファンドに非常に寛大だという事も聞きます。しかしながら、どの程度優遇されているのかが分かりません。又、運用資産がある程度大きくなければ、そもそもシンガポールでやる意味はないんでしょうか。

是非ご教授頂けると幸いです。

閲覧数:
542
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mid********さん

2012/2/2814:19:04

シンガポールも昨年後半に法改正しましたので、うまみは少なくなっていますが、
それでも日本に比べれば、ザル法です。

簡単に言えば、規制がゆるいので投資しやすいということが言えます。
また、欧米は英語が使えるシンガポールにアジアのベースを設置していますので、
情報や関係する人材を得やすいという特徴もあります。

報告や検査等に必要な費用は実は安くないので、シンガポールが良いんですね。
他のアジア諸国は、インフラや治安や教育程度の問題で、候補に上がらないという
側面があります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

hir********さん

2012/3/612:40:54

①投資するファンドの数・種類が多いということ。
②その分、ハイリスクハイリターンからローリスクローリターンまで様々。
③情報が多いこと。その分情報を見極め分析する能力が必要。
④最後は税金が安いこと。(最大17%)

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる