ここから本文です

大相撲の四股名で、東・西・北が使われているのはよく見かけますが、南だけはあま...

a91********さん

2006/5/2723:53:11

大相撲の四股名で、東・西・北が使われているのはよく見かけますが、南だけはあまり見かけないような気がします。
何か理由があるのでしょうか?

相撲で南は縁起が悪いとか・・・

閲覧数:
1,881
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mam********さん

編集あり2006/5/2802:35:42

現在日本相撲協会に所属している力士で、「東・西・南・北」が入る四股名を調べてみました。

【東】…11人
東晃、磯東、孝東、照東、栃東、東桜山、東心山、藤東、星東、舛東欧、芳東
【西】…3人
中西、西谷、西川
【南】…3人
南海力、南海桜、南乃島
【北】…23人
北桜、北大樹、北の剛、北川、北園、隆北村、北勝力、北勝岩、北勝城、北勝国、北勝嵐、北勝剛、北海龍、北勝豊、北勝翔、北綾山、北勝富士、北勝桜、北皇、北勝和歌、北勝浪、北勝洋、北斗龍

圧倒的に多いのは「北」、次いで「東」ですが、「北」のほとんどの力士は元・横綱北勝海の八角部屋の力士で、「東」は元・関脇栃東の玉の井部屋の力士が多いです。
また、「西」も「南」と同数で少ないですが、すべて本名のままの四股名であることがわかります。

力士の四股名の由来にはいろいろあります(詳しくは2番目の参考URLをご覧ください)が、「南」が少ない理由には、「郷里にちなんだつけ方」が影響していると思います。
昔からの日本の相撲どころといえば北国が多く、南の地方ではそれほど盛んではありませんでした。
ですので、沖縄出身者や海外の南国出身者の場合、そのこと自体がいわば”特徴”になってしまうので、もともと少ないことに加えてさらに四股名で表現され、それが目立っているのではないでしょうか。
ゲンをかつぐ意味では、「東」(日が昇る)と「西」(日が沈む、番付でも”東”より下)のほうが、明確だと思います。
そのため「西」は、本名ではなく改めて四股名をつける際には、好まれないのではないでしょうか。
http://sumo.goo.ne.jp/ozumo_meikan/aiueo/index.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9B%E8%82%A1%E5%90%8D
http://sumo.goo.ne.jp/ozumo_meikan/shusshinchi/index.html

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

pro********さん

編集あり2006/5/2801:08:22

全くいない訳ではないようです。

トンガ出身の力士に、「南乃島」という四股名の力士がいたそうです。

もう一つ見つけました、
「阿武南」(あぶみなみ)という力士もいました。

個人的意見ですが…

他の三つに比べ、「南」だけが音が三文字なので
四股名が長くなって
呼び出しの人が字余りで、言いにくいからではないでしょうか?
http://www.ytv.co.jp/amespo/ikutima/2005/11/18/051118.html
http://www001.upp.so-net.ne.jp/locus/shikona.html

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる