ここから本文です

医療関係の方に質問です! 膠原病の発症にはストレスが大きく関わってくるとネッ...

gog********さん

2012/3/1323:20:15

医療関係の方に質問です!
膠原病の発症にはストレスが大きく関わってくるとネットなどでよくかかれていますが本当でしょうか?
今、私は健康に過ごしていますが膠原病になる可能性はあります

か?

補足それから、強皮症は発症してからの寿命は何年ぐらいでしょうか?
私の姉が強皮症で二週間前に他界しました。もう少し長く生きれると思ってたのですが…いまさらですが、病気のことをもっと理解してあげてたらと思いまして…

閲覧数:
18,077
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kur********さん

編集あり2012/3/1522:15:33

ストレスは原因としてゼロとはいえませんがそれだけではならないです。つまり「要因」が重なると発病の恐れがあるだけです。膠原病にはいくつも種類があってその中で遺伝的な要因があるものとないものがあります(家族に患者がいると発症しやすいものもある)。それは自己抗体をつくりやすいかが体質によるからですが自己抗体がるからといって発症するとは限らないからです。もともとの体質になんらかのきっかっけが加わり異常な免疫反応が起こるからです。その誘因は感染症、薬物、外傷・手術、美容整形、紫外線、妊娠・出産、寒冷刺激、そしてストレスです。女性に膠原病が比較的多いのは女性ホルモンが関係するかもしれないといわれているからです。しかし男性の方が発症率が多い膠原病もあります。膠原病も時代がすすめばいくつかの病気に分類される時がくると思いますのでその時にはもっと要因がわかってくると思います。
よってストレスだけでは容易に発症しません。前述のような様々なきっかけが重なると起きやすいということしかわっかっていません。どうしても気になるのであればどんな自己抗体が自分にあるか調べる機会があったら検査してみるのもいいと思います。しかし絶対という抗体はないのです。代表例はリウマチ因子や抗核抗体ですが陽性の健康な人はたくさんいますのでこれだけが陽性でも膠原病になるとはいえないのです。陰性の膠原病の方もいますので。
いずれにしても膠原病以外でもストレスはそもそも身体にはよくないわけです。血圧だって胃炎だって不眠だってストレスが原因のひとつになっているわけですので。
それはお辛いですね、とても残念なことです。強皮症に関してはまずは手指に限局される型と皮膚だけでなく臓器の表面も硬くなっていく型がありますが、強皮症が原因ということであればお姉様は後者ということになるのでしょう。こちらは肺か腎臓か消化器の症状(心臓もまれだが起こる)が病気を重くする原因だと思いますが寿命が何年とはいいきれないです。ステロイドや免疫抑制剤、また膠原線維の増加を抑える治療がどれくらい有効であるか患者さんによって異なるからです。
一度人工呼吸器になってしまうほど肺の線維化がすすんだ方であっても退院するまで回復された方もいるので(本当に申し訳ないですが)私には余命はどのくらいとはいいきれないのです。ただし全身性の型の場合発症して5〜6年の間に症状が急に進行することが多いので注意が必要なのはたしかです。発症してしまうと(命にかかわるような)厳しい状況になるきっかけがとても多いということです。なお遺伝性はないです。

質問した人からのコメント

2012/3/16 22:58:44

降参 ご丁寧なお返事ありがとうございました!このような、難しい病気にきく薬ができるといいですね!

「膠原病 原因 ストレス」の検索結果

検索結果をもっと見る

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる