ここから本文です

歴史の質問です。えた・ひにんっていう人たちはなんですか?なぜ差別されたんです...

shiritagariya_1207さん

2006/6/309:48:18

歴史の質問です。えた・ひにんっていう人たちはなんですか?なぜ差別されたんですか?

閲覧数:
230,237
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

thor1203さん

編集あり2006/6/314:54:39

エタとは「穢多」と書きます。
つまり「穢れ多き人々」という意味ですね。

日本人は穢れというものを忌み嫌う神道を信奉しています。
無宗教であっても無意識に縛られているのです。
その中でも「死」は最大の穢れとして恐れられている、一種の伝染病みたいな認識なのです。
葬式から帰るとき塩を体に振りかける、これは仏教の行事ではなく神道の呪法で穢れを浄化しているのです。

ですがその葬儀を取り仕切ったり遺体を埋葬する人間等はどうしても必要になる、それが「穢れ多き人々」、つまりエタなのです。
葬儀人や埋葬人、処刑人や屠殺師、更には猟師や革製品の職人、そして軍人まで、
死に携わる人々は全てエタとして忌み嫌われる存在なのです。

ヒニンは「非人」と書きます。
こちらは自然にできたモノではなく幕府が設定した最下級の身分です。
幕府は侍、つまり軍人によって創られた政権です。
長きの内乱により身分制度が気薄化していた事もあって軍人はエタから離脱した存在となっていましたが、平和になればまだ軍人はエタに逆戻りしてしまう、これは日本人の根源に関わる問題ですから。

そこで幕府は「非人」という階級を設立し、軍人以外の差別対象と「道々之者」「河原者」などの土着しない芸能集団を差別する対象に固定化して自分達に差別意識が向かないように設定したのです。

喩えれば、イジメを受けていた子供が転校生が来たためイジメの対象が別に移ってイジメられないようになった。そこで彼は自分が二度とイジメられないようにイジメグループに入り率先して転校生をイジメだした。という事です。
嫌な話ではありますが。

一説には徳川家康は、この「道々之者」の出身だったという説があります。
それだけに彼は二度とこの惨めな階級に戻りたくなかったのかもしれません。

「えたひにんとは」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ponsuke200xさん

2006/6/402:52:04

皆様の詳細な説明の中に

農民の不満の矛先を幕府からそらすため、「お前たちよりも苦しい生活をしている連中がいる」という既成事実を作ったというのがないのは曲解だからですか?

私はそう学んだのですが....

編集あり2006/6/316:37:43

穢多(えた)や非人(ひにん)は士農工商の下というよりは身分制度の外にあった人と考えたほうがよいようです。

『続日本後紀』の842年(承和9)の条に橘逸勢が謀反の咎で本姓を除かれて非人(ひにん)姓にされたとあります。
また後に農地から逃散し人別帖(戸籍のようなもの)から除かれた人も非人とよばれます。
いわば本来の身分制度から離脱した人を非人と呼んだようです。
非人は場合によっては非人身分からの離脱が可能だったようです。

また穢多(えた)は穢れに大きくかかわります。
穢多という文字は音にあとから当てた当て字ですが、この「穢」が重要なキーワードになります。
穢れは神事と深くかかわります。
彼らは神社の境内の清掃なども行い、またなかには芸能を生業とする人も少なくありません。
芸能は天岩戸(あまのいわと)の神話の天宇受売命(あめのうずめ)など神事とは非常に密接な関係にあります。
神事の中で重要な位置を占めたのが本来の彼らだったのだと思います。
(ケガレは「気枯れ」を語源とするという説もあります。「気」は神事では重要な要素でもあります)

穢多にしろ非人にしろ本来の身分制度の内にいる人から見れば異質なものです。
異質なものへの恐れ、死牛馬の処理や刑吏などにかかわる彼らを不浄とする考えなどが蔑視にも繋がったのだと思います。
江戸時代になると幕府の民衆統制の方策として穢多・非人への差別感情が利用されます。

2006/6/313:20:19

徳川幕府の収税制度からはみ出した人達です。

為政者にとって最大の関心事は収税の安定ですから、意に添わない者は弾圧されるのが定めで、

江戸時代初期、「道々のともがら」と呼ばれ、所を定めずに、各自の技術や芸を凌ぎにしていた人々、多くは渡来人ですが、「上無し」とも言い

唯一、天皇を敬い

時の権力者に従うのを嫌った、誇り高い人々の末裔とも言えます。

mosman800さん

2006/6/310:13:16

江戸時代につくられた身分制度(士・農・工・商)の最下層に位置する身分の人達です。穢多に当たる人達は主に動物等の皮を扱う仕事、非人の人達は罪人の処刑や死体の埋葬などをさせられていたそうです。当時は仏教の教えなどで生き物の死に関わる仕事は穢れるとされており、このような理由により、この二つの身分に当たる人達は差別されてきたそうです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A3%AB%E8%BE%B2%E5%B7%A5%E5%95%86
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A9%A2%E5%A4%9A
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%9E%E4%BA%BA

2006/6/310:13:08

歴史から忘れ去られようと、してます。
何の罪もない、普通の方々なんですよ。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。