ここから本文です

ブライアン・テイラーについて教えてください。

tokyoaoyama10さん

2012/3/1717:47:45

ブライアン・テイラーについて教えてください。

下の写真は1991年ニューヨークヤンキースのドラフト1位(全米1位)のブライアン・テイラーです。高校時代のMAXは158㎞/hで、高校時代の通算奪三振率も20を超えた怪物でした。MLBで活躍する事が出来ればジーター以上のスターになった可能性もあったと思います。

しかし、メジャーリーグのマウンドに上がる事はなく消えて行ったそうです。検索してみるとトラブルや怪我だと言われていますが、これだけではこの怪物投手を語るには物足りない気がするのです。そこで1991年ニューヨークヤンキースのドラフト1位のブライアン・テイラーについて知っている事等を教えてください。
http://d.hatena.ne.jp/immortal_monkey/20071117/1195276221

バスケットボールのブライアン・テイラーではありません。よろしくお願いします。

ブライアン・テイラー,ドラフト,通算奪三振率,バスケ,ドラフト1位,Brenden,防御率

閲覧数:
1,565
回答数:
2
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ekseak39さん

編集あり2012/3/1720:33:11

英語版Wikipedia記載の概要を以下に記します。

===
Brien Taylorの初年度1992年 マイナーA+級での成績は6勝8敗 防御率2.57 161回で187奪三振だった。牽制がうまくなく、ランナーに簡単に進塁を許す問題があることがわかった。
2年目1993年 AA級の成績は13勝7敗 防御率3.48 161回で150奪三振。しかしこんどは制球力不足が露呈し、この年の102与四球はリーグ最悪だった。
いくつかの問題はあるものの、ヤンキースは彼を3年目にAAA級に昇格する予定でいた。

しかし1993年12月18日Taylorは 実家のあるノースカロライナで左肩の脱臼と唇の裂傷という大怪我を負った。
ニューヨークタイムズ紙によれば、この夜兄のBrendenがRon Wilsonという男と2度目の喧嘩(決闘)を起こした。1度目は同年ハロウィンの日。Brendenはこの時負った頭部裂傷の後遺症に苦しんでいた。Brienは兄を守ろうとWilsonの住むトレーラーハウスにいとこと殴りこみにかかり、Brendenを決闘から守ろうとした際、Wilson側の仲間Jamie Morrisと激しい口論になり、つかみかかっているうち、転倒して左肩を強打した。
しかしWilsonの言い分は、Brienが強打をみまおうとパンチをだしたが、これが空振りした時に肩を痛めたようだと言っている。

ヤンキースは彼を冬季教育リーグに送り怪我の治療と復帰を支援しようとしたが、Taylorはこれを拒否し、ストレスによる疲労で休養が必要だと言って実家に引きこもってしまった。

この事実は伏され、翌シーズンプレス用のコメントにはTaylorは軽い打撲をおっただけ、となっていた。しかし密かにヤンキースは彼を名医;フランク・ジョーブ(トミー・ジョン手術で数々の投手を再生されたことで有名。元ロッテの村田投手も治療体験者)に診断させた。その結果はジョーブがこれまで見たことがないほどひどい怪我であることがわかった。
Taylorはすぐに手術を受け、2年後ぐらいには元の状態に戻るだろうと楽観していた。
しかし最悪なことにTaylorは元の球威を取り戻すことはできなかった。速球は平均13キロ程度スピードが落ち、カーブでストライクを取れなくなっていた。体重も約15キロ肥え、制球力は以前よりも悪化した。

怪我から復帰後、Taylorは1995年マイナーA級チームで選手生活を再開したが、その年は わずか40イニングで54与四球という悪い結果しか出せなかった。
1996年はA級で0勝5敗 防御率18.73 16.1回で43与四球という悲惨な成績に終わった。
1997年は1勝4敗 防御率14.33 27回で52与四球とまたしても悲惨な成績に終わった。

Taylorはついに1998年ヤンキースから解雇された。それでもベースボールをあきらめきれず、マリナーズやインディアンスのマイナーチームと契約して選手生活を続けたが、結局マイナーAクラスから上には上がれなかった。
引退シーズンの2000年 最終登板試合の成績は 2.2回 で5被安打、9与四球、11失点だった。

引退後は大手郵便局UPSに勤務していたが、2005年に児童虐待で逮捕され、さらに2012年3月にはコカインの不法所持で再び逮捕されている。

(参照)
http://en.wikipedia.org/wiki/Brien_Taylor

*通算成績はこちらで参照できます。
http://www.baseball-reference.com/minors/player.cgi?id=taylor002bri

質問した人からのコメント

2012/3/18 06:22:48

降参 文句なしのベストアンサーです。

ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

sf_min_nyさん

2012/3/1720:26:26

手元にある本によると
・裕福とは言えない地域のトレーラー・ハウスで育った。
・リトル・リーグ時代は制球難で四球ばかり出していた。
・ドラフト指名前のシーズンは8勝2敗、防御率0.85、84イニングで203奪三振。
・各球団のスカウトが集まるも、全米一位か二位で指名されるのが確実と見て
両リーグの最下位になりそうなブレーブスとヤンキース以外のスカウトは
姿を見せなくなった。
・母親と代理人のボラスが熾烈な交渉を行って、当初の提示額35万ドルから
155万ドルまで引き出した。
・ブライアンは契約金で両親に家を買い、自分には車を買った。
といったところです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。