ここから本文です

デカンC10H22(燃焼熱6780kJ/mol)が完全燃焼したときの熱化学方程式は C10H22+(3...

sum********さん

2012/3/1718:43:41

デカンC10H22(燃焼熱6780kJ/mol)が完全燃焼したときの熱化学方程式は

C10H22+(31/2)O2=10CO2+11H2O+5780kJとなりますが、なぜ5780kJとなるのでしょうか?

またメタン(燃焼熱890kJ/mol)とデカンを完全燃焼させ、同じ量の熱エネルギー(熱量)を得るとき、デカンを燃料としたときに発生するCO2の量は、メタンを燃料としたときの何倍となりますか?

よろしくお願い致します。

閲覧数:
1,041
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tak********さん

2012/3/1802:08:08

燃焼熱が6780kJであればその熱化学方程式の右辺に来る熱量も6780kJになるはずです。(デカンが気体になっていれば別ですが。)
写し間違いではないでしょうか?

次に、メタンとの比較について。以下にメタンが完全燃焼したときの熱化学方程式を示します。
CH4+2O2=CO2+2H2O+890kJ

デカン1molを基準にすると、デカンは6780kJ当たり10molのCO2を出すことが分かります。
次にメタンは6780kJ当たり7.6molのCO2を出すことが計算によって分かります。(1×6780/890=7.6)
よって、デカンを燃料としたときに発生するCO2の量は、メタンの時と比べ1.3倍の量となります。(10/7.6=1.3)

質問した人からのコメント

2012/3/18 16:55:10

降参 移し間違えてました。

ご丁寧な解説をしてくださり、誠にありがとうございます。
大変勉強になりました。

今後もお世話になるかもしれませんが、その際は何卒よろしくお願い致します。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる