ここから本文です

マイケル・サンデル 究極の選択「許せる格差 許せない格差」

tot********さん

2012/3/1923:23:17

マイケル・サンデル 究極の選択「許せる格差 許せない格差」

を見た方はどのように感じましたか?
私は二者択一にこだわり過ぎだと思います。和洋折衷のように
考えないのはどうしてなのでしょう?

閲覧数:
531
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

leo********さん

2012/3/2021:17:37

まず二者択一にして出演者にそれぞれ意見を発言させてから、争点を明らかにするためです。皆に自由に発言させると、観念論になってしまうので、二つの対比させながら意見を引き出す手法です。文化、言語の違う人間が参加してるので、アニメなどで具体的に争点を明確にしないといけません。また博士の言いたかったのは、結果を求めるのでは無く、それぞれの立場での、相互思考が大切であり、社会正義は絶対では無く、相対的なもので、権力、常識、金銭から開放された思考が肝要…と言う事でしょう。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

icu********さん

編集あり2012/3/2016:17:59

私もこれ見ました。二者択一の議論ではなくていま問題になっているTPPや消費税のことを問題にしているのだ、と思ってみていました。最後にサンデル教授が云っていた「他人の立場に立って物を見る」と言うのがテーマの本質です。日本には昔から「惻隠の情」と言うのがあって今みたいに常識を外れた考え方をする、たとえばモンスターペアレンツとか強欲な金稼ぎとかは恥ずかしいことでした。
TPPも消費税アップも派遣労働問題もみんな自分の立場からの発言ばかりです。他人が、国がと考えたら自然に落ち着くところへ落ち着くのではないでしょうか。そういったことを考えさせてくれる番組だと思ってみていました。

a0b********さん

2012/3/2000:47:05

それはいつも思います。

でも、答えを出すことが目的にしている訳ではないから、あえて二者択一の問いを投げ掛けてるんじゃないですかね

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる