ここから本文です

大学院進学について 獨協の外国語学部英語学科に今春から通います。 第一志望は...

fuk********さん

2012/3/2120:16:22

大学院進学について
獨協の外国語学部英語学科に今春から通います。
第一志望は青学だったのですが現実を見ない自分の堕落した態度のせいで落ちました。
当方英語が得意(たかが知れてはいますが)だったのでそれを

活かして発展途上国の難民保護活動等の人道支援に携わる仕事がしたくて、そういった関係がストレートに学べそうな所に
行きたかったのですが・・・
同じことを繰り返したくなかったので浪人はしませんでした。
そこで獨協を卒業してから青山学院大学の大学院に進学したいと思っています。
うちは母子家庭でお金がなく、私立の4年制を卒業した上で大学院というのはバイトと奨学金をもらってもかなり無理があります。
そこで(ここからが本題なのですが)卒業後1年間はバイトをしてひたすらお金を貯めようかと悩んでいます。
こういうことって世間的にはよくあることなんでしょうか?(進学のために1年間働くようなこと)

閲覧数:
1,773
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ang********さん

2012/3/2513:17:43

海外ではあるかもしれませんが、日本では殆どありません。
まず、日本では文系の大学院に進む事自体(ロースクールなどの一部を除いて)進路の幅が狭まるからです。
さらに企業は、大学卒業後のモラトリアム期間を評価しません。
つまり、大学卒業後、就職をせずにバイトをしていた期間は、後に就職しようと思った時に非常に不利に働きます。

ただ、私は東京外語大出身ですが、外語大は留学する学生が多くて、4年間で卒業する学生は半分程度です。
大学在籍中に、目的があって何かをするために、卒業年次が遅れる事は、それほど不利にはならないですし、
企業によっては評価してくれます。

ですので、大学院進学を目指すのであれば、大学在学中に休学して、お金を貯めるか、
一度、就職(社員として)して、働きながら、お金を貯め、大学院に進学する方がいいでしょう。

ここからは、余談ですが、
獨協の外国語学部なら青学よりも獨協を選ぶ学生も多くいます。
語学関係なら青学よりも良いと思います。

「自分が青学を落ちて獨協に行くから」と卑下した意識では、周りの学生に失礼ですし、
ご自身の学業にも悪影響を与えると思います。

どうしてもあきらめきれないのでしたら、獨協を退学して、青学に再入学したほうが宜しいかと思います。
もしくは編入学も有りますよ。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

cyj********さん

2012/3/2413:38:14

う~ん。発展途上国の難民保護活動をするにあたって外国語学部英語学科を選ばれた理由はなんでしょう?難民保護といっても一筋縄ではいきません。難民として認定されるかどうか(ここが重要)の判定には国際法に関する知識が必要ですし、難民に食料や薬品を提供するなら医療や農業関係の知識が必要だったりします。

途上国のために働きたいなら、英語ってできて当たり前ですから、プラスアルファの専門性(医療とか経済とか法律とかの)が必要になると思います。何の技術も無しに熱意と語学だけで難民は救えませんよ??

というわけで、もし外国語学部に進むことが確定しているのなら、1年間アルバイトに費やすのではなく、何か専門性得られるような仕事(正社員でも契約社員でも)を探して、数年間みっちり働いてからでもいいのではないでしょうか。国際協力の世界で働き、生き残っていくのは大変ですので計画的にいった方がいいですよ。

プロフィール画像

カテゴリマスター

tuk********さん

2012/3/2207:35:58

大学院に行く為に働いたりすることは、アメリカなどでは当たり前です。大学に行く為に働く人もたくさんいます。
日本は比較的豊かな時代が続いたので、親のお金で大学や院に行くのが普通になってますが、他国では普通ではないと考える方が良いです。ですから、特に問題ないです。
新卒で企業に就職したいならば、少々ハンデにはなりますが、人道支援だったり外務省などの公務員を希望するなら、30歳ぐらいまでは試験も受けられるでしょうから、1~2年程度仕事したとしてもハンデにはならないでしょう。
私は通信制の大学院(修士)を出ましたが、学費ねん出のために、その期間は収入の安定した仕事を探して働いていましたし。

それよりも気になる事があったので老婆心ながら書きます。
先の事を計画して考えている事は素晴らしいと思います。今は受験が終わったばかりで希望校に合格しなかった事もあり、大学院で青学へという気持ちもわかります。でも独協の英語はイイと思いますよ。先走って他大学院への進学に集中するよりも入った大学の施設やシステム、教授陣を最大限活用・利用して力を付けるべきだと思います。

大学で学ぶというのは、高校までの学習とはちょっと違ってきます。
どこそこの大学へ行けば、希望にピッタリのことが学べるというものでもないんですよ、実は。
理系のラボ研究などは、各大学で研究内容や設備も違うので、ある程度ピンポイントに志望校を絞って学部から修士博士とその大学で学ぶ手もありますが、文系だとそこまでピンポイントに絞り込むのは難しいです。
ましてやどの大学へ行っても学部の1~2年は広く様々な事を学ばねばならないのでやりたい事だけ教わるわけではありません。

大学の中に支援活動などのサークルがあるところもありますし、他大と連携している場合もあるでしょう。
また、教授などの紹介で学部生でも他大の授業に参加・聴講させて貰ったり、学会へ参加させて貰ったりする人もいない訳ではありません。
要するに、大学で学ぶってことは、自分で学びたい事を「自分で学ぶ」んです。教えてくれるという感覚だともったいないです。
ネットの普及もあり昔よりも学生間のネットワークも広がっているはずですし、支援活動の幅も広がってます。様々な方法やパターンが考えられるはずですから、まずはこれからの4年間を有意義に過ごす事を考える方が良いように思いますよ。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる