ここから本文です

経理担当ですが、よく商社経理で計上する『未収リベート』とはどういう意味ですか?

con********さん

2012/4/323:15:25

経理担当ですが、よく商社経理で計上する『未収リベート』とはどういう意味ですか?

もっと詳しい方は具体例まで教えてください。

補足リベートとは報奨金のことですか?要するに商社は報奨金が売上げになっているという事ですよね?

閲覧数:
13,962
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

oss********さん

2012/4/415:43:26

リベートとは、もらう側にとって、「仕入割戻し」といって、厳密には購入金額をマイナスして処理します。

売る側にとって、商品Aの単価を明示しますが、1個買うときも1000個買うときも、計算上は

販売額=単価×数量

となりますが、商慣習上たくさん買った人には、単価を下げたい、となります。
(買う側にとっては、「たくさん買うので安くしろ」)

そこで、例えば500個以上買えば、10%をバックします、となりこれがリベートです。

従って、リベートは、「売上高」の増ではなく、「仕入額」の減で表現します。

あらかじめ、このリベート支払い条件が明示されていれば、もらう側が自分で計算して、「未収リベート」を計上するのです。
例えば、3月決算の会社で、平成23年4月から24年3月までの購入実績に基づいたリベートを24年4月にもらう場合は、3月末の「未収リベート」として、

借方:未収入金/貸方:仕入高

といった仕訳を行う必要があります。

質問した人からのコメント

2012/4/9 22:46:41

色々なご意見参考になりました!

「リベートとは」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

t22********さん

編集あり2012/4/419:26:13

リベートは支払う側から言えば対策費であり、売上割戻しです。受取る側は仕入割戻し、で営業外収益です。未収リベートとして計上等はしません。簿記を知らない処理です。

商社対メーカーの場合、リーベトがつく商品は、代理店契約が有っても、個別の契約を交わします、それは独禁法に関わるからです。リーベトをつける商品には有る一定の販売期間を設けてありますから、リーベト支払予定の金額は前もって計算は出来ません。従って、未収リーベトの科目を使った仕訳は会計上出来ないのです。

yon********さん

編集あり2012/4/410:02:57

例えばメーカーAの製品を売ると、リベートが入るとします。

製品を売ったがそのリベートをまだもらっていない状態が未収です。

補足について

その通りです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる