ここから本文です

真如苑の信者として27年目になりますが最近何となく疑問を感じています。真如苑...

アバター

ID非公開さん

2012/4/1001:16:41

真如苑の信者として27年目になりますが最近何となく疑問を感じています。真如苑の信者さん、また以前信者だった方からの回答お待ちしています。

私が小学5年生の時に親戚からの勧めで家族入信しました。経親は叔母になるのですが、はっきり言いまして会えば真如苑の話ばかりで全く世間的な話は出来ない方です。その為、親戚の中でも浮いた存在になっています。
私が初めて帰苑したのは立川市にある総本部でした。確か常住祭で当時は諏訪ノ森公園でしたっけ(?)で立ち会ったのを記憶しています。子供ながら異様な雰囲気で引いてしまったのが本当のとこでした。

その後は母が熱心に歩むようになり、法要や家庭集会等に半ば強制的に連れて行かれるようになり週末は憂鬱な少年時代を送ってしまいました。中学生になってからは法友も増え3つの歩み(お救け・ご奉仕・歓喜)や青年活動を楽しく真剣に取り組みました。もちろん、進学や就職の時は鑑定接心で進路の方向性を見てもらっていました。当時はそれが当たり前だったと確信していたのは事実です。正直、学生時代の成績は学年でもトップクラスでこれもお力だと信じていました。就職も氷河期でしたが1部上場企業に入社でき当時は心から信仰していました。

また青年活動では推薦して頂き、青年経親へ向けもう少しのところで・・・精神疾患を患ってしまいそれからは足を運ぶどころか外にも出られない状態になってしまいました。もちろん仕事も失い、30代の前半からはフリーターとニートを繰り返す日々。智流院も研究科を休業しています。とても戻れる状況ではありません。
霊位も大歓喜まで頂きましたがこの先とても不安でしかたありません。母は霊能の会座に参座しています。間もなく経親になるとの事です。父も教師をもってますので反対を唱えることはないでしょう。

月に1度、自宅で家庭集会を開かせて頂いてますが、私は部屋に籠って参加していません。仕事で疲れているからと嘘をついています。今後、経立てでもしてその後を継いでくれと言われたとしても無理です。もう昔のような力が無いのですから。入信だけしてもらった友人の苑費の立替えはもう止めています。今、私には所属はいません。

無宗教の友人は結婚・仕事・家庭とみんな独立して上手くやっているように見えてしまい余計自分を追いつめてしまいます。

まとまりの無い文になってしまいましたが、真如苑をこれからも信じていいのかアドバイス宜しくお願いします。

補足私も苑以外の方とのお付き合いでした。挨拶を済ませ、順風満帆に進むものと感じていました。しかし、両家の折り合いが悪く両方の親に頭を下げてまいりました。またお腹の子には心配を掛けたくないの一心でしたが中絶と最悪の流れに。その頃からレールがおかしくなったのでしょうね(涙)最終的には中絶をすること。二度と会わない事で話がまとまりました。

閲覧数:
481,940
回答数:
7
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tsu********さん

編集あり2012/4/1110:04:59

私は両親に反対されるなか、15年ほど信仰していました。教師で青年経親でした。

そんな私が苑に疑問をもったのは、親部の経親、それに連なる導き親の人達、事務局の方達の姿を通してでした。

私は苑の人間関係に疲れてしまっていました。経親、導き親、導き子、事務局の人に責められる日々。接心に取り組んでも、心は晴れず、行き詰まった気持ちでした。
これも修行だ、私が足りないからだと言い聞かせていたのですが、もう精神的に限界でした。

やめるキッカケは、私が苑の信仰をしていない今の主人と結婚し、結婚後すぐに妊娠、つわりがひどくて帰苑できなくなったことです。

苑の皆さんに、体調が悪く、帰苑できないので、活動を休みたいと言いました。
でも、苑の人達は誰も心配したり、気遣ってはくれませんでした。
別に心配してほしかった訳ではないけれど、冷たいなと思いました。
世間の人、教えを歩んでいない家族のほうが、どれだけあたたかい心を持っているかをその時に知りました。

私は苑にいることで視野が狭くなり、教えをしてない人をどこかで見下していました。人を責める苑の人達と同様に、自分も冷たい嫌な人間になっていることに気づき、怖くなりました。このままここにいてはいけない!と強く思いました。

教えから離れた今は、とても気持ちが楽です。
あのまま信仰を続けていたら、精神を病んでいたと思います。

家族が歩んでいると大変でしょうが、思い切って教えから、歩んでる人達からキッパリ離れることを考えてみてはどうでしょうか?
もう、自分を楽にしてあげてください。

質問者さんが、これから新しい自分の人生を切り開いていかれることを心から願っています。
信仰していなくても、幸せになれますよ。

アバター

質問した人からのコメント

2012/4/11 20:09:04

回答有難うございました。
教徒以外の方とお付き合いした事を未だに両親から言われます。もし、苑の方とお付き合いしてたら真如苑で八方塞になってたかと思います。退会の方はすぐには難しいと思います。両親に話し徐々に苑から離れようかと。
今までのお力が無くなり何か悪い事が起こるのではないか?とか考えます。
今までの信心は何だったのか?疲れている体に鞭打っての活動や事務局員からの厳しい言葉。今思うと怖い生活でした。

「真如苑」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

han********さん

編集あり2012/4/1101:39:31

<補足です>
苑では良く「振り落とされる」もしくはこれに類似する表現をします。
私自身はオウゲンイン落慶の時に経親に言われましたが、「大きな動きがある時は、それまでの信心の度合いを試される時だ」などと吹聴するのです。
あなたも青年経親の手前、大歓喜相承で霊能会座へという、“大きな動き”の中にいたのだと思います。そういった時に「信心の度合いが試され、いい加減にやっている信者は振り落とされる。キチンと取り組んでいる信者には大きなみ力が流れる」などといって信者を脅迫し、拘束しようとするのです。

その言葉は逆に言うと、あなたのように聡明な方ならば、そういった節目節目の大きな出来事において、苑の矛盾点に気づくことがあるからなのだという証拠です。そのように聡明な方が気づいてしまい、愚かな信者に対して(真如苑にとっての)負の影響を与えないようにするために、「振り落とされる」といって教えに縛りつけようとする。もしくは、「振り落とされた人。堕ちた人」として隔離する。という、二つの効果を目的としているものと思います。


---------------------
谷居と申します。
私は15年来の信者でした。私の場合は外圧的ではなく自ら進んで信者になったという所で、あなたとはスタンスが違っていると思います。

http://hannen.blog12.fc2.com/blog-category-23.html
私の入信から脱苑に至る経緯は、上記アドレスのブログにまとめております。書けば長くなってしまうので、リンクのご案内ということでご容赦ください。

>無宗教の友人は結婚・仕事・家庭とみんな独立して上手くやっているように
>見えてしまい余計自分を追いつめてしまいます。
何事も、上手くいくのは教えのお陰。問題が生じるのは精進が足りないから。。。と、そのように考えることが半ば習慣化しているから、そのように受け止めてしまうのではないかと思います。
そして、その習慣的考えには自虐性が伴っているのだと思います。もっと、ご自分を愛して良いのだと私は思います。

今は、あなたの状況は上手く行っていないのかもしれません。でもそれは、あくまでもあなたがご自分で「上手く行っていない」と思う限りにおいて、決定づけられる状況なのです。見方を変えれば、「今は休憩して、自分を冷静に見つめなおす時」であっても良いのですし、「ジャンプする直前の、かがんでいる状態」でも良いのかもしれません。自分の考え方一つで、状況なんて良くも悪くも決めることができるのです。

>真如苑をこれからも信じていいのか
真如苑から離れることは、何もかも全て自分で決断することから始まります。
真如苑では接心修行があり、抜苦代受があり、転ばぬ先の杖としての徳の充填があり、自らの心を磨く(仏性を磨くなどといいますが)修行が三つ用意されています。心を沈めるためには教書を読んだり、読経をしたり。力が欲しい時には心の中でサンダイを唱えたりもします。暖かいフィールドが、苑には用意されているのです。そしてその暖かさを享受するために、信者は自らの尊厳を苑に捧げてしまうのです。それは、心の中でおこす自殺行為に類似すると私は思います。

本当に暖かいものであるのならば、本当に救いの力があるのならば、多少の遠回りをしても、一端はそこから完全に離れても、またそこに(如苑に)戻れるのだと思います。
ところが、実際には離れた途端に「堕ちた人」という称号を付与し、「苑費の切れ目がみ力・霊線の切れ目」といって救いの力を信者から剥奪してしまいます。因縁という恐怖の坩堝(るつぼ)に、信者を落とし込みます。
そのような報復的な手段で訴求するやり口は、冷静に考えれば肯定できることではないのです。“真の救い”が、そこに本当にあるのだとしたら、そのような報復的な手段が成立するのはどう考えてもおかしなことなのです。
報復を受けないために、信者は自らの尊厳を殺して真如苑に捧げている---としか、私には思えないのです。

それらの報復を恐れず、自分の足で立ち上がれば、真如苑など不要なのだという発見があると思います。結局の所は、信者を脅すだけ脅しておいて、「救いの力がありますよ」と手品と同様の手法で“演出”を信者に見せつけ、拍手喝采を浴びるだけのものでしかないということが、判ってくると思います。

tor********さん

編集あり2012/4/1101:49:38

強迫神経症と見受けられるのですが、違ってたらゴメンナサイ。

国連環境計画(UNEP)本部でのスピーチ

検索してみてください。動画です。精進は、逆効果ならお休みで。

ech********さん

2012/4/1017:26:51

信じる、信仰とは他人に聞いて信じるかどうかを決めるものではありません。
信じれるのか信じれないのか、頭よりも心で感じるものであって、相反する両極かと感じます。
きれいに言えば迷よっているんですねということでしょうが、はたからみれば、もう信じていない状態かとも感じます。
し、無理に真如苑に固執することはないとも感じます。ただ、篭っていることに満足・悦びを感じているのならともかく、満足もしていないのなら、こもっていないで他の悦び、楽しみをを探す、見つけることはすべきかと感じます。
親は親、自分は自分、他人は他人、何事も「塞翁が馬」と思い、自分を追い詰めないで、もっと楽にいきましょうよ。
「笑う門には福来る」っても言いますから。

hii********さん

編集あり2012/4/1109:43:01

今までお辛かったと思います。
大変でしたね。
ただ今の状態であれば、私が質問者さんの友人なら、「ちょっと休んでみては?信仰する必要あるのかなぁ?。」と言います。
補足を含めて思いますが、まず苑の外でコミュニティを作られてはいかがでしょうか?
地元の役所でサークルやボランティアの募集をしていませんか?
同様に役所や保健所では生活相談をしている部署がありますので、こちらで相談してみても良いのではないでしょうか?
(但し担当者に当たり外れがあることがあるので、複数の担当者にお願いするのも手ですし、電話でもある程度はしてくれる場合もあるようです、役所のHPを調べてみては如何ですか?、ただできれば伝統系のものなら問題ないですが、宗教系はこの際避けられたほうがいいかと思います。)
現時点では残念ながら信仰が上手くいっていないようですし、他人の芝生は良く見えるものではありますが、他人が上手くいっているのにはそれなりの理由があるはずで、彼らは信仰によってその状態を手に入れたのでしょうか?
そう考えると今まで一生懸命やられていまはその反動でお疲れになっているわけですから、距離をとり、視点を変えてみてはいかがでしょうか?
(ぶっちゃけて書きますが、幸せかどうかは本人の判断ですし、信仰による幸せの定義はその団体内でしか通じない内輪のものではないでしょうか?現世利益と言う考えはまずおいておいて単純に考えてください。苑の資格は世間的に資格とは認められないののと一緒です。)
真如苑は寛容な団体だそうですから、また信仰したくなったらまた信仰してみてはどうですか?
もしくは、名前だけかりた、、、という友人さんか名前を貸すのも拒否した友人さんに今の現状、思いを真摯に相談してみてはいかがでしょうか?
絶対に、苑はこう言っているとか教えは、と思わずに友達の言葉として素直に意見を聞いてみてはどうでしょうか?

今の状態は信仰を選択した結果だと思います、自分で痛みを感じながら自己責任の中で生きる、、、という選択をしてみてはいかがでしょうか?

説法や教えや精進だけでわたって行けるのは内輪だけですよ。
ご両親や他の信者さんって質問者さんから見て対外的に幸せに見えると思いますか?
自分を見つめてください。人生は痛みも幸福も全て表裏一体です。

もし、離れることを考えられるのであれば、反苑の会等のアンチサイト等で相談されてみてはいかがでしょうか?

と思います。



--
文章を見ると要点や心情をうまくまとめておられるので頭の良い方のように私は感じます。
成績が良かったのも、ご自身の努力の積み重ねの結果なのではないでしょうか?
内容を見るととてもがんばってらしたのだと思いますが、今は却って真如苑への信仰自身があなたを追い詰め、重荷になっているのではないでしょうか?
苑から一旦離れて自分自身を苑を介さずに見つめなおしたり、哲学、古典的な宗教の研究書等、苑の外にある様々な考え方に触れてみてはいかがでしょうか?
そのうえで改めて真如苑への信仰について考えてみてはいかがですか?
時に視点を変えることも、息抜きをすることも大事なことだと思います。

残念ながら、精神的な病が信仰で治ったという話は私が直接見聞きした範囲では聞いたことがありません。
精神的な病は薬で対応するしかありませんし、複数の医療施設、地元の役所の保険相談、保健所で紹介、受診を受け、この人なら信じれるという担当者を見つけたほうがいいと思いますよ。

ben********さん

2012/4/1011:39:01

辞めたほうが良いとお勧めします。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる