ここから本文です

晴れている時に雨が降っていると「狐の嫁入り」って言いますよね。 なぜそう言わ...

イワトビペンちゃんさん

2006/6/2412:54:24

晴れている時に雨が降っていると「狐の嫁入り」って言いますよね。
なぜそう言われるんですか。

閲覧数:
286
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ei_********さん

2006/6/2413:15:43

狐の婚礼を人間に見られないようにするために、

雲ひとつ無い天気の日に雨を降らして仲間に知らせる、

といつたことから始まった事のようです。

質問した人からのコメント

2006/6/26 23:18:23

成功 あっ、そう言われてみれば何か昔に聞いたことがあるような・・・・・
わかりました。ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

non********さん

2006/6/2414:51:28

「狐火(きつねび)」と呼ばれる言い伝えがあります。
これは「鬼火(おにび)」とも言われ、原野やお墓などで燃える怪奇な炎のことです。
この「狐火」が燃えている時に雨が降ることを「狐の嫁入り」と呼ぶようになったらしいのです。
その後、お日様の照る元で降る雨も同じように呼ぶようになったと思われます。
http://www.gifu-net.ed.jp/kishou/bbs/ans/a0386.htm

mai********さん

2006/6/2413:00:49

地方によって、色々言われ方があるんですよ。私の田舎では『龍の涙雨』って言います。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる