☆ブラッドストーンの色について☆ (天然石・パワーストーン) いつも有難うございます!

画像
補足

皆様のご意見、とても参考になります! 有難うございます。 赤斑点が無くてもブラッドストーンとのことですが、「ファンシージャスパー」とは、どのように区別(違い)するべきでしょうか? 宜しくお願いいたします。

占い1,138閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様、有難うございました(o^^o) 参考になりました! 見分けが難しいですが沢山目習いしてみたいと思います。 補足にもご回答してくださったrisuthu1001様に決めさせていただきました。

お礼日時:2012/4/21 12:52

その他の回答(2件)

1

こんちゃ!! 鉱物学的には正しくrisuthu1001さんがおっしゃられた、それですが 私の思う『ブラッドストーン』の定義はまた別枠にあります 聖遺石『ブラッドストーン』 十字架に掛けられたキリストの血しぶきが浮かぶ石とされており、 低血圧や妊娠、生理不順ほか血液に係わる病気に効果がある 実際、鉄分を多く含むこの石は古来エジプト人が 粉末にして蜂蜜に混ぜ止血剤にしていたとされています 血行を良くすることで乳酸が筋肉に蓄積しないようになり疲労を防ぎます また、呪いや呪縛的な空間から受けたネガティブパワーをそのまま跳ね返す護符としての能力があり その念がネガティブで強いほど効果を発揮します そのため医師や看護婦、僧侶などヒトの不幸に携わる職業としているヒト達のお守りとされました 由来は質問者さんがご存知の通り ゴルゴダの丘で十字架にかけられたキリストが処刑の際、 流した聖血が足元にあった石『ジャスパー』に落ちてこの石が出来たとされている 他の石とは一線を隔てる聖なる石です その死が待つゴルゴダの丘に至る道すがら イエスはマリアと再会し、2度倒れ、様々な助力を得え、そして更にもう1度倒れます そこに何を見出すのか? 神学において、聖書や福音を持って研究されてきました ブラッドストーンもまた そのように語りかけてくれる石こそ「ブラッドストーン」足りえる石だと思うのです 血飛沫の模様は一例に過ぎません イエス・キリストの贖罪に照らして 自らのヒトとしての有り様を鑑みる 石の景色を眺め 思うこと、感じること、…そしてまた思うこと、 ブラッドストーンを持つ最大の意義はそこにあると思います アナタに光の恩寵が降り注ぎますよーぅに!! (人・e・) o゚+.゚

1人がナイス!しています