ここから本文です

金沢孝史五段は若くしてフリークラス宣言しましたがメリットはあったんでしょうか?

rar********さん

2012/4/1611:05:13

金沢孝史五段は若くしてフリークラス宣言しましたがメリットはあったんでしょうか?

閲覧数:
4,788
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

set********さん

2012/4/1611:30:46

降級点2の翌年は4勝6敗で降級を回避できましたが次期も厳しい状況には変わりありません、宣言すれば順位戦に復帰できなくなりますが、順位戦に参加できる年数の対局料を先に支給されるなどの優遇措置や、引退後も日本将棋連盟の正会員の引退棋士として身分が保証される特権、また金沢先生がされている副業が順調なのだと推察します、

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

gta********さん

2012/4/1719:53:09

棋士になっても、将棋それほど熱が入らないってことはあることでしょう。道を誤ったと思うこともありそうなことじゃないですか。
もし棋士がそういう気分になったとき、目の前が真っ暗だと思いますよ。
彼は自分なりに最善の道を選んだつもりでしょうし、あなたにとって人ごとに過ぎないのですから、温かい目で、というかスルーしてあげてはどうですか。

sak********さん

2012/4/1719:00:52

悪い噂をたくさん聞いたことがあります

本人は棋士として頑張っていこうという気持ちがそこまでなかったのじゃないかなと

勝負の世界に埋もれるよりかは自分のやりたいことでいった方が良いと思ったんだと思う

どっちを選ぶかは本人次第なのかな

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる