ここから本文です

朗報!チェリノブイリの事故で野生生物は放射線の影響をさほど受けていない。

moo********さん

2012/4/1700:55:56

朗報!チェリノブイリの事故で野生生物は放射線の影響をさほど受けていない。

イギリスにおける科学者の団体の頂点「ロンドン王立協会」発行の科学雑誌から、チェリノブイリ原発事故後の現地の野生生物は放射線の影響での損傷や個体数の減少はなかった…との研究発表を出しました。
イギリスと言えば、民間で多くのボランティア団体が「タンポポの奇形」や「人体の奇形」を報道しては被曝の恐ろしさと惨さを訴え続けてきた国でも有ります。
それがその国の権威ある科学者の「福島の放射能も野生動物の抗酸化防御システムに悪影響は与えていないだろう」といったのです。
: 英国ポーツマス大学 ジム・スミス教授(国際原子力機関チェルノブイリ・フォーラム元委員)
本文◆:Wildlife Thriving After Nuclear Disaster
http://nanopatentsandinnovations.blogspot.jp/2012/04/wildlife-thriv...


(^^)朗報でしょ?
チェルノブイリの鳥の個体数の長期間(およそ20年)の研究で、チェルノブイリ後に人間の減ったおかげで動物は繁栄したという意味ではありますが、放射能は少なくとも野生動物の個体数に影響を与えるほどではなかったと言う論文です。
この研究は「生物が放射線に対抗するメカニズムを解く鍵」にもなるかもしれない内容で、生物にはアンチオキシダント防御メカニズム(抗酸化防御のシステム)というものがあり、これまでの科学者の考え方では放射能によりこの抗酸化防御のシステムが損傷を受けることによって生物が死傷したり、個体数が減るという考えだったのですが「それがなかった」という内容になります。

一応、福島第一原発での事故が「安心」と言うわけでは有りませんが、日本政府関係の学者達が安全だのと言っても信じることは出来ませんでした。
きっとイギリスの報道にあった「奇形の連鎖」が出来上がると悲しく思っていましたが、彼らの意見が「思っていた以上に深刻ではなかった」と伝えてくれるなら、それを信じても良い気が致します。


放射能はけして無害ではない。
だけど、目に見えない先の暗闇に光が差したのではないかと思いますが、皆さんはいかがですか?
私にとっては、少なくとも久しぶりに良いニュースでした。

補足問題は、権威有る科学雑誌が「コレ」を取り上げたってことです。
私もコレまで奇形要因を取り上げてきましたから違和感も有りました。
ついでに、このジム・スミス教授はレベル7の内訳で「チェリノブイリの10分の一程度」との評論(去年の4月)も出してました。
私の言う「朗報」とは汚染された土地が20年や30年で「思ったより無事だった」と言えるかもしれないことです。
今では有りません。

閲覧数:
809
回答数:
6
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kor********さん

編集あり2012/4/1703:03:35

あちらは核爆弾と同じですからね。
爆発してしばらくは?奇形動物とか多少はあったようですね。
鹿の頭が二つに別れてるとか。
高放射能の赤の森というところですが線量は当時半端なかったでしょうね。
ただそんな奇形動物とか植物とかないらしいですね。
NHKでイギリスが制作した番組でやってましたからね。
セミパラチンスク核実験やマーシャル諸島の核実験
マーシャル諸島では数年たって戻ったら奇形児が生まれたからまた避難したということですしね。
当時漁に出かけてたマグロ漁船の第五福丸の人も被曝してまだ行きてる人もいますね。
1シーベルト〜3シーベルトの被曝です。
シーベルトの単位での被曝ですからやはり福島で被曝した人と桁が違いますね。
核実験並のチェルノブイリとやはり福島の汚染は比較にならないと思いますね。
http://www.min-iren.gr.jp/syuppan/genki/213/genki213-01.html
http://www2.yukawa.kyoto-u.ac.jp/~sokened/sokendenshi/vol4/chinaNuk...
奇形だどうこう言ってた人達は避難地域にも家畜はいたわけですからね
3本足の牛とか頭が2つあるイノシシとかね、去年の夏くらいには
バンバン歩いていていいはずだったのです
補足
で回答になりますが、朗報!ではないですよ。
そんなことは去年爆発してから夏くらいには分かっていたこですよ。
今も尚、奇形どうこう騒いでる人はただのデマッターか
それに騙され続けてる人です。
あとは政府を信用しなくてもいいですが
調査や研究してる人達は信用したほうがいいです
政府だってそのような人達の成果を声明したりするわけです
デマをまき散らす妄想教授もいます
現地入りして研究や調査、除染の効果を調べたり
真面目に活動してる教授達もいます
デマを流す人達の発言が目立ちますが
どうか目立たないそういう人達のニュース記事の
切れはしを見逃さないでください
御用教授はいます
しかし御用大学はありません
最後に
今、廃村なった町以外は皆普通に暮らしてます
廃村になってるのは廃村にしたからです誰も廃村にした場所へ戻るなんてしませんよね
10年、いや5年もすればかなり線量も下がってくると思いますよ
もちろん理由はちゃんとあります
ただし山の汚染は?長引くか少しづつ局地的に酷くなる場所があるかも?
です
あなたがやっと少しでもその海外の記事で少し安心したな、と思ったのならそれでいいのだと思います
べつに文句があるわけではありません
よかったですね、という回答になります

質問した人からのコメント

2012/4/17 12:07:02

降参 一応は良い知らせと思いました。
;^^皆さんの拒絶反応が凄いので早めに終えますが、全体的な情報をお持ちの方にベストアンサーを決めさせていただきます。
皆さん、ご意見ありがとう御座います。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mil********さん

2012/4/1711:08:41

未知数のこわさを知ってるか?世界中が警告している事を知ってるか?軽々しく朗報だとか載せるな。数年後に答えがでる。その時にさらに福島は全国、全世界から非難されるだろう。朗報だと?自分の言葉に責任持てよ?

flo********さん

2012/4/1708:00:16

そうだね。放射能のことなど、まだわからないことが多いから心配だけど。動物たちが元気にしてるってのは、うれしい。

smz********さん

2012/4/1706:30:00

あのー。
野生動物って動き回るんだけどそれわかってるのかなこの人たち。
チェルノ近辺に住んでた野生動物=ずっとそこに住んでた野生動物
ではないんだけど。

cur********さん

2012/4/1703:50:34

朗報ですね。
チェルノブイリ周辺の森は、人間が立ち入らないので、すでに生物の楽園です。
ビキニ環礁も素晴らしい自然の回復をしています。

人間が造ったものに怯えて不安になるのは、人間だけのようです。

kur********さん

2012/4/1702:23:53

>でも、チェルノブイリの事故の時、近隣住民は事故直後に強制避難して廃村になったし、ヨウ素剤飲んだし、現在に至るまで食品の放射能は全量検査している。

チェルノブイリは事故があったことも隠されて、
のんきに日光浴なんぞしていた住民もいたんだ。
さんざん放射性ヨウ素を吸ったあとに、ヨウ素剤を飲んだとしても
それは無意味。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる