ここから本文です

商品先物取引で扱う商品は、実際に現物の商品の受け渡しを行うこともあるのですか?

dyw********さん

2012/4/2013:58:53

商品先物取引で扱う商品は、実際に現物の商品の受け渡しを行うこともあるのですか?

期日に倉庫に商品を受け取りに行けば、商品を受け取れるのですか?
それとも、先物の取引と言うのは指標だけを取引しているのですか?(数字だけを動かしているだけですか)
小豆を大量に使う餡子屋さんであれば、先物市場で買うこともあるのでしょうか。
商品先物で扱う商品は質が良く分からない(低品質。)ので先物市場で調達することは少ないのでしょうか?
餡子で使う小豆などは嗜好性が非常に高いので、わけの分からんところで仕入れたりしないのでしょうか?
どうでもいいような用途の油にするような大豆だったり豚のえさだったりすれば、先物市場で買うこともあるのでしょうか?

閲覧数:
730
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ric********さん

2012/4/2115:59:27

現物を買わなければならないケースはありますよ。
私の勤務先は、ドルを買う先物契約をしていますけど、
期日には全額買い取っています。

ただ、
一般に、ご質問にあるような現物の取引を行う場合には
先物取引futureというよりは、先渡取引fowardという形を
とることが多いと思いますよ。先渡契約というのは
先物と違って、特定の業者さんと、相対で
特定の期日にこれだけのものを引き渡す、という条件で、
今時点での価格を決める、というやり方で、
必ずしも市場を通しません。
反対取引を行うことはせず、
普通は、キャンセルも出来ません。

それはそれとして、、、

単純に「先物」とだけいえば、本当のことを言うと
先渡同様、現物の移転を含む取引のことを指します。
ただ現実には、現在では「先渡」ではなく先物の場合には
反対取引を含んでいることが多いんですね。

変な話ですが、
昨年の夏、アメリカでドッド・フランク法というのが通過して、
一般消費者をリスクの高い取引から保護するため、
資格を持たない人が行う金の先物取引に制限がかけられました。
これなんか、法律的には
金の現物の引渡しまで26日以上を要する取引を禁止する、
というような、単純な文言で記されたわけだけれども、
これによって金の先物取引を含むデリバティブ全般に
包括的な規制がかけられたわけです。
この法律を読んで、実際の金の取引に規制がかけられた、
と考える人は(常識がある人なら)いないわけです。
そういう意味では、
先物取引というのは、通常は何らかの反対取引が
含意されている、と考えていいと思いますよ。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

hik********さん

2012/4/2014:15:57

商品先物取引とは、商品を将来の定められた日時に定められた価格で売買することを現時点で約束する取引です。
当然現物が動きます。
マネーゲームに関して言えば、取引している本人の目の前では動きませんが、取引したことによって世界のどこかでその現物が動いています。
一般的なマネーゲームでは、トレーダーが証券会社なりを通して間接的に取引しているだけですので、トレーダーが現物を受け取りにいくことはできません。
現場で直接取引している人は、当然目の前で現物が動きますね。


あなたが販売者と直接取引を行うのであれば、期日に販売者の倉庫に取りに行くこともできるでしょう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる