ここから本文です

高校の物理基礎、相対速度 平面運動の相対速度は、 Aに対するBの相対速度=Vb−...

tai********さん

2012/4/2211:37:51

高校の物理基礎、相対速度

平面運動の相対速度は、
Aに対するBの相対速度=Vb−Va
で求めると教科書に書いてあります。
なのに、ベクトルの図を直角三角形にして三平方の定理によって解を

導くのはなぜですか。
なぜそんなことができるのですか?

閲覧数:
1,072
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rei********さん

編集あり2012/4/2212:30:17

まだ、数学でベクトルを勉強したことはないですか?

ベクトルは、同じ方向のもの同士でしか
足したり引いたり出来ません。
でも、ベクトルがいつも必ず同じ方向を向いてるとは限りませんよね?

ですが、二次元のベクトルなら、
必ず、「2つの」好きな方向に分解することが出来ます。
三次元なら、必ず、「3つの」好きな方向に分解することが出来ます。
それが、ベクトルの性質だからです。
この性質を利用して、
別々の方向を向いているベクトル同士を、
同じ方向に分解して、足したり引いたりします。

>なのに、ベクトルの図を直角三角形にして三平方の定理によって解を
何も、必ず直角三角形にする必要はありません。
好きな方向に分解しても構わないのですから。
ただ、直角三角形にすると計算しやすい。(というか計算できない)ので
いつもそうしているわけです。

質問した人からのコメント

2012/4/22 19:01:41

ありがとうございます。
ベクトルは数Ⅰでしょうか。
ちょっと勉強してみます。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

dis********さん

2012/4/2211:46:14

速度というのはベクトル量(大きさと向きを持っている)なので、
正確には

相対速度ベクトル=Vbベクトル-Vaベクトル

というベクトルの等式になります。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる