ここから本文です

”drill” 練習のドリルと、穴あけドリルは、なぜ同じスペルなのですか?・・・

sai********さん

2006/7/216:44:17

”drill” 練習のドリルと、穴あけドリルは、なぜ同じスペルなのですか?・・・

閲覧数:
1,403
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tar********さん

2006/7/216:51:14

よくわかんないですけど、どっちも「繰り返し、掘り下げる」ってことじゃあないですか?

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

psa********さん

2006/7/219:40:17

tarobekurosukeさんの言うような意味では。
英語の単語の意味は元々の意味から派生して他の言葉に使われていることが多いので、元々の意味を覚えていくと広義の意味も覚えやすいです。

日本語でも辛い(からい)と辛い(つらい)は同じですよね。
どちらも通常より厳しい状態と考えれば分かるように思いませんか?

win********さん

2006/7/216:58:52

同じですね。
ドリリングは穴あけ作業ですがこれは無垢の素材に新しい機械加工を施工します。
もちろん、加工と夕では刃先が磨耗してグラインダー等で研ぎますね。
前者のドリルはこういったことから来ていると判断しています。
つまり、勉強においても何もない無垢の分野からドリルを研ぎ澄まして開発していく印象です。
http://www.nmri.go.jp/eng/khirata/metalwork/basic/drill01/index_j.h...

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

tom********さん

2006/7/216:52:31

↑よっ!!座布団一枚!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる