宅建の借地借家法のところ

宅建の借地借家法のところ 転借人は賃借人に対して、同意を得て付加した造作を買い取るよう請求できる。 転借人は賃借人に対して、義務はあるが権利はないと見た気がしましたが、造作買取請求権だけはあるんですか?

資格235閲覧

ベストアンサー

0

適法に転貸借が行われた場合、民法の規定では、転借人は賃貸人にたいする権利は何もありません。もし転借人が造作買取を請求したり、他にも修繕の請求をする場合は請求の相手は賃貸人ではなく賃借人(転貸人)です。 ところが、借地借家法が適用となる場合は事情が異なってきます。条件はありますが、転貸人は賃借人に造作買取請求権を行使できます。 (造作買取請求権) 借地借家法 第三十三条 建物の賃貸人の同意を得て建物に付加した畳、建具その他の造作がある場合には、建物の賃借人は、建物の賃貸借が期間の満了又は解約の申入れによって終了するときに、建物の賃貸人に対し、その造作を時価で買い取るべきことを請求することができる。建物の賃貸人から買い受けた造作についても、同様とする。 2 前項の規定は、建物の賃貸借が期間の満了又は解約の申入れによって終了する場合における建物の転借人と賃貸人との間について準用する。 借地借家法33条2項をよーくご覧ください。造作買取請求権を転借人から賃貸人に向かって行使できることがはっきりと書かれています。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。その借地借家法33条2項など、載ってる本を買ってないので詳しく法律がわかりません・・・。この勉強を始める時に、知恵袋で色々調べて、買わなくても問題集で大丈夫という意見が多かったので買ってないんですが・・・。

お礼日時:2012/4/27 13:02