ここから本文です

シンセサイザーの鍵盤数について質問です。 88鍵はピアノと同じ鍵盤数という事は...

ngimkt104さん

2012/4/2805:22:05

シンセサイザーの鍵盤数について質問です。
88鍵はピアノと同じ鍵盤数という事はわかるのですが。
61鍵盤と76鍵盤のルーツは何ですか?

閲覧数:
1,772
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2012/4/2815:41:07

まあ面倒臭ければ別に61鍵も76鍵も「ルーツはピアノ」ということで
話を丸く収めて手打ちにしても良さそうなものだが(笑)

ピアノの発明前にも鍵盤とそれを使う鍵盤楽器は存在したし
ピアノの改良途中から88件に定着した後も鍵盤楽器は
様々に存在する。現在定着しているシンセサイザーの鍵盤は
61鍵であればCスケール(最低音がCから始まる)だし、
76鍵はEから始まるスケール。

ピアノの教科書に出てくるクリストフォリの第1号は
Cスケールの49鍵、現存する彼の製作した3台のピアノのうち
最古のものは同じCスケールで高音域ををFまで拡大した54鍵。

ピアノはその前身、あるいは親戚のクラヴィコードや
ハープシコードのように5オクターブ前後の鍵盤数であれば
時代的にはFスケール(やGスケール)が一般的で
Cスケール61鍵という楽器が存在するのかどうか怪しいし
あったとしても恐らく稀であろうからそれをシンセサイザーと
直接結びつけるのはかなり強引であろうし、Eスケールのピアノは
更に(実在するとしても)探すのが難しく必然性が薄い。

河合小市(河合楽器の創業者)は日本楽器(ヤマハ)からの独立当時、
戦略的に鍵盤数を減らして価格を押さえたアップライトピアノを
作ってヒット作とし経営基盤を作り上げたが、その中には
丁度61鍵のものもある。ただしAからAまでのAスケール。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1149726951

61鍵と言えば、現代のシンセサイザーに繋がる
60年代のモーグのモジュラー・システムや
http://payload.cargocollective.com/1/0/5201/167281/Moog.systemI.jpg

1970年のアープの#2500などはCスケール61鍵の鍵盤付き。
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/f/fd/ARP_2500_(extra_...

シンセサイザーはアナログ・モノフォニックのデビュー当時から
Cスケール61鍵が標準であったわけだが、直接のルーツは
電子オルガン…それも高級なコンソール型でその元祖は
1930年代半ば登場のハモンドオルガンのデザインではなかろうか。
http://www.nycfarmboy.com/a/hammondav.html

更にそのルーツにはパイプオルガンがありその大規模なものは
手鍵盤は確かに61鍵が標準だがクラシック用であれば
Cスケールでも54鍵や56鍵というのも現代でも作られている。
http://www.mctrading.co.jp/contents/pipe/bosch.htm

シンセサイザーがアメリカ生まれということを考慮すれば、
ヨーロッパ生まれのパイプオルガン→無声映画の伴奏をした
シアターオルガン→ハモンド→(エレクトーンなどの)電子オルガン
という流れで規格を受け継いだのではなかろうか。

Eスケール76鍵に関しては私の推測ではローズの
エレクトリックピアノの成功したEスケール73鍵がありこれが一つのルーツ
http://www.vintageguitarandbass.com/fender/catalogues/1970_71.php

1962年に発売された日本のコロムビア・エレピアンがFスケールで
最高音がGの75鍵。後にローランドやヤマハで家庭用電子ピアノが
商品化されたときには、クラシック演奏用としてこれを一つの基準としていた。
http://d.hatena.ne.jp/ytoma/20080827/1219835708

ポピュラー音楽用には最低音がベースと同じEスケールには
合理性がある…でももう少し高音が欲しいということで良いとこ取りで
ヤマハがLM用のエレピCP30に採用したのがEスケール76鍵
http://jp.yamaha.com/product_archive/keyboards/cp30/?mode=model

後継のCP-35ではEスケール73鍵に減ったり
http://jp.yamaha.com/product_archive/keyboards/cp35/?mode=model

グランドピアノ型エレピのCP70ではFスケール73鍵だったりして
DX7二台分の回路を持つDXシリーズのフラッグシップDX1も
Eスケール73鍵だったが廉価版の後継機種DX5で76鍵が復活している。
(もう字数制限)

まあ面倒臭ければ別に61鍵も76鍵も「ルーツはピアノ」ということで...

質問した人からのコメント

2012/4/28 19:44:12

成功 詳しい説明ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2012/4/2809:38:58

歴史をひもとけば,18世紀後半にドイツにドイツ式アクションを発明したシュタインという人がいまして,この人の作ったピアノが61鍵でした。
モーツアルトがこのピアノを愛用したと言われています。
その後,ベートーベンが既存のピアノでは出せない,低い音,高い音を楽譜に書き込むようになり,楽器メーカーもそれに答えてで,鍵盤の数を増やして行き,多分,リストの時代に88鍵に落ち着いたと思います。
多分,76鍵盤はその過渡期のピアノでしょう。
その後,88鍵以上のピアノも作られましたが,今は88鍵盤が普通になりました。

cs83363506さん

2012/4/2806:17:59

全部ピアノだよ。
どんどん鍵盤数が多くなってきたの。

例えばバッハの平均律クラヴィーアは49鍵盤で弾けるし、
ショパンは61鍵盤におさまる。
ベートーベンは76で納まったっけ?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。