ここから本文です

胡蝶蘭について質問します。本日、胡蝶蘭の苗が届きました。大きくて立派な苗です...

ryo********さん

2012/4/2911:04:41

胡蝶蘭について質問します。本日、胡蝶蘭の苗が届きました。大きくて立派な苗です。花芽はありません。
説明文について疑問を持ちました。(到着してから、1~2年はポットのまま4号ぐらいの素焼きの鉢に入れて、育てて下さい。)との事です。
本当にポットのまま、入れて良いんでしょうか?蒸れてしまいませんか?
4号鉢に入れても、ポット自体が大きいので頭の部分が3センチぐらい見えてしまいます。見た目が悪いです。
結構根っこはギッチリ詰まっています。傷んでいるよに見れる茶色い根っこもあります。外にある根も30センチ以上長いです。

もう一つですが、底の方に発泡スチロールを抱かせているみたいですが、植え替えをするときには必要でしょうか?

閲覧数:
424
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kak********さん

編集あり2012/4/2912:47:33

胡蝶蘭を含めカトレアやデンドロビューム等の着生種(樹木の幹や枝の樹皮、
岩石等の岩肌に付いている)は着生ランと呼ばれ、水は必要ですがいつまでも
濡れている状態は好みません。着生ランの根を気根(エアルルート)と呼ぶ位
空中に飛び出したりするのは自然な事なのです。
【説明文について】
どんなランもそうですが、いわゆる苗の状態は水を要求します。一人前に育
った親株に比べ1.5倍位は必要で、案外根腐れもしないのです。その事もあり
ビニールポット(透明)が使用されます。また根でも光合成する種類も有ったり
しますので、着生ランでは透明のポットが使われる事が多い様です。
生産農家では専用のトレーに入れての栽培ですが、ポットでは安定しません
から洋ラン用素焼き鉢にスッポリ入れて栽培する事をすすめます。
(しかし4号をすすめるのですから、大きな株の様ですねぇ)
なお蒸れる心配はポット側で、素焼き鉢側はラン用の鉢は通気性に優れてます
ので問題は有りません。
なお洋ラン用素焼き鉢は、ホームセンター等での扱いは有りません。似た様な
鉢は有りますが通気性がほとんど無く、着生ランには向きません、別物です。
以下で購入できます。
お近くのJOGA加盟の洋ラン園か、洋ラン用三河素焼き鉢で検索下さい。

>「ポット自体が大きいので頭の部分が3センチぐらい見えてしまいます。見た目が悪いです。」
胡蝶蘭の為には下手に触らない方が良いので、お許し下さい。
どうしても気に成る様なら、植え替えしか有りません。
もし、新根が株元から出始めていましたら、素焼き鉢に植えるのも一つです。
4号に入る株ですからほとんど一人前に近いと思いますので。

>「外にある根も30センチ以上長いです。」
外にはみ出した根は空中用に適応した根に成っています。無理に植込みすると
根腐れしますので、植え替えをされたとしても支障が無ければ植込みしない様
にお願いします。
【ランの根の性質】
ランの根の特徴は大きく分けると「芯根」と「根皮」に分かれ、
(本当は4つで、表皮、外皮層、内皮層、中心柱です)
この根皮はベラーメン層と呼ばれるコルクの様な組織です。
この組織は水苔植えならその様に成り、バーク植えならその様に変化します。
つまり、はみ出した根はその様に成っている為、無理に植え込むとその根は
対応できずに腐ってしまいます。(窒息した状態)

>「底の方に発泡スチロールを抱かせているみたいですが、植え替えをするときには必要でしょうか?」
必要です。!! (水苔の節約も出来ます)
一般的には鉢底から1/3程度、そして乾燥を好む種類は1/2程度の多めとしま
す。逆に水を好む物は入れない場合も有りますが、苗の時くらいです。
下手な絵ですが、植込み図を添付して置きます。(図が小さいですが)
なお、育て方は以下の左の「洋ランの育て方」へ進み、「ファレノプシス」へ
http://www.joga.or.jp/
胡蝶蘭はカトレアやデンドロに比べ空中湿度面で難しいとは思います。
何とか咲かせてやって下さい。(長文に成ってしまいました)
以上、参考に成れば幸いです。

胡蝶蘭を含めカトレアやデンドロビューム等の着生種(樹木の幹や枝の樹皮、...

質問した人からのコメント

2012/5/2 08:29:58

詳しい説明ありがとうございました。5~8枚の葉っぱがついた大きな苗が5株も有りどうすればいいのか途方にくれていました。しばらくはそのままで育てたいと思います。一株だけ根っこに青カビが生えていたので植え替えました。
本当にありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

vv_********さん

2012/4/2918:36:00

蘭の根は意外と繊細で
育てている人のくせに順応した根が出ます。

水が多目とか、植え込み材によってそれまでの根と
新しい根が入れ替わるような気がしています。

なので説明書通りに育てれば生産者と同じ環境になると思いますが
質問者様が自分流で育てたいならそれもありです。
よっぽど変なことをしなければ多分かれません。

発泡スチロールもマメに水をやるなら必要、
適当なら不要、生産者でも入れない人はいます。

私なら素焼き鉢に入れ替えて発泡スチロールは使いません。

tom********さん

2012/4/2912:05:17

現在の胡蝶蘭栽培は省力と経費節約の為に最初から最後までポットですから
そのような説明書きになるのでしょう。

栽培方法は人それぞれで、素焼き鉢やヘゴ板に植えても構いません。

mam********さん

2012/4/2911:32:50

ポットのまま育てて安定したら定植します
咲くまでに5年くらいかかるので見た目よりも株の充実を図ってください
定植するときは洋蘭用の土に植えます
土と言っても軽石や木くずです
着生植物ですから根が石や木に貼り付きます
発泡スチロールは軽石の代わりに入れてあるのだと思います

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる