ここから本文です

社会人から音大に行くことについて。

tfi********さん

2012/4/3019:19:35

社会人から音大に行くことについて。

社会人一年目で一般企業で働いている22歳の女です。
もう10年近くヴァイオリンをやっていますが、当時大学を選ぶ際、学費の問題と自分に自信が持てなかったのとで音大を断念しました。
しかしやはり音楽を勉強したい!という気持ちが捨てきれません。
今は働いているので、資金を貯めることができます。そこであと2~3年働いてお金を貯め、音大もしくは音楽短期大学を受験したいと考えているのですが、可能でしょうか?
しかし今の就職先を捨てて、この先生きていけるのかと不安な気持ちもあります。

卒業したらプロ奏者になりたいというわけではありません。
子供が好きなので、自宅で音楽教室でも開いたり、講師として教えたりしたいという気持ちがとても強いです。結婚して家で音楽教室を開くのが夢です。音大を出なくても上手ければ音楽教室は開けると知りましたが、やはり人に教える以上、それなりの知識やスキルは学びたいです。そのために音楽を勉強したいです。けれど今更こんな考えは、社会人として甘いでしょうか…?
両親はやりたいことをやりなさいと言ってくれています。ただうちは自営業のようなものなので、一般的なサラリーマンの家庭や生活を知りません。収入が不安定になることについても、人生なんとかなるものだと楽天的です。親の楽天さを鵜呑みにしてしまっていいのかどうしても考えてしまいます。

ここまで書きましたが、
・社会人を経て、今から音楽の道(プロ奏者ではなく子供たちを教えたり)に進んで生きていくことは可能なのか?
・4年制大学と短期大学のどちらがいいか?
(現役なら迷わず4年制を選びますが、年齢も考えると短期のほうがいいのかどうか。私としてはプロ奏者志望ではないので短期を考えています)
・どれくらい資金を貯めればいいか?
(奨学金などが可能なら取りながら、少しでも早く入学する方向で考えたいです)
・関東圏でおすすめの音大・短期大学

真剣に悩んでいます。
本当に行くことになったら、通勤時間(長いです)に勉強し、土日にレッスンを受けようと考えています。
アドバイスよろしくお願いいたします。

閲覧数:
13,221
回答数:
8
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

the********さん

2012/5/600:07:29

私は難しいことは考えません。

きれいごとに聞こえるかもしれませんが、あなたはあなたの思いや進んでいる道でいいんですよ、「神はあなたを完璧につくったのだから」 このやり方で成功してる人はたくさんいます。有名な人に例えればLady Gagaなどもこのやり方で今では大スターです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

(^^♪さん

編集あり2012/5/217:46:49

私の先生は音大出じゃないけど。

プロの演奏家でも音大じゃない人いますよね。

あなたの実力がどの程度なのかは解かりませんが。

ヴァイオリン講師のみで生計を立てるのは大変(無理)だと思うのでOLをしながら会社が休みの日だけに教えることになるのではないですか?

mir********さん

2012/5/210:00:01

ヴァイオリン教室を開くためなら、どこでもいいから音大卒という学歴を得るのは方法としてよいことだと思います。
音大にこだわらず、音楽の教師の資格のとれる教育過程のある大学でもいいでしょう。
大学に入ろうとお考えだから、当然、資金のことも現実的に考えていらっしゃることだと思います。

あなたの一番の問題は、演奏を聞くまでもなく歴10年では、生徒は集まりません。
歴10年で、ベートーヴェンやチャイコフスキーなどロマン派のコンチェルトは弾けていますか? パガニーニのカプリースをさらいましたか?
それも弾けない人がヴァイオリンの先生だと言ったところで、生徒をどこまで面倒見ることができるのでしょうか?
大人から始める生徒なら、万年初心者がほとんどだから、何年でも見てあげられるかもしれませんが、
子供はすぐ上達します。あなたの場合、生徒の半数にすぐ追い越されますよ。それでは親があきれてしまいます。
そんな先生に誰が習うでしょうか。
大手の音楽教室ではクロイツェルが弾ければ講師として雇ってもらえるところもあるそうですが、クロイツェル程度といっても、先生として弾いてみせられるレベルで弾けなければ、難しいでしょう。

それでも音大に行きたいというのであれば、まず、自分の先生に相談しましょう。
レベルの低い音大や、音楽の学部がある大学なら、入れるところもあるでしょうし、そこを卒業してヴァイオリン教室を開くのは自由です。
でも、生徒を集めるのって大変ですよ。プロでも生徒集めに苦労していますから。
むしろ田舎なら、ヴァイオリンの先生は少ないので、下手でも教室をやれるかもしれませんが、関東では弾ける人はゴロゴロいますから、教室で生活するのは大変です。

あなたの一番の問題はおそらく演奏能力でしょう。プロになる気がなくても、演奏がプロレベルに聴こえるようでなければ、生徒なんて集まりません。
それはそれとして、とりあえずどこでもいいから音楽系の大学を出て、それとは別にプロの演奏家の先生についてください。

yag********さん

2012/5/201:38:49

私立の音大に入学するのは、どこでもいいなら可能です。もちろんヴァイオリンのレッスンに通い、ピアノ、ソルフェージュも習いにいかないと駄目です。入試に必要です。これらの費用が2年として1レッスン1万円が月2回で50万が最低限、あと楽器は500万円くらいのものでないと音大生として通用しませんね。入学金と1年分の学費が200万円以上、使う専門書も高いですよ。なので、入学時に250万円は用意しましょう。
短大ならあと1年なので400万円、4大だと700万円にヴァイオリンの500万円。このくらいは覚悟して下さい。
卒業後、お子さんが習いに来てくれたとして、1ヶ月5000円から1万円、何人教えたら元が取れるか計算出来ません…。
ヴァイオリンを習いに来るお子さんも少子化で年々減っているとか、また塾が忙しくなると皆辞めてしまいます。
音大に行ってプロを目指すよりオーケストラや弦楽器のサークルに入って初心者の指導をする、というような形で音楽に関わって行く道はどうでしょうか?

hyp********さん

2012/5/114:22:07

>・社会人を経て、今から音楽の道(プロ奏者ではなく子供たちを教えたり)に進んで生きていくことは可能なのか?

ご実家暮らしなどで「生業」とされないのであれば可能でしょう。
教示(レッスン)のみを「生業」とされるのは無理があります、副業必須です。


>・4年制大学と短期大学のどちらがいいか?
(現役なら迷わず4年制を選びますが、年齢も考えると短期のほうがいいのかどうか。私としてはプロ奏者志望ではないので短期を考えています)

どちらでも良いかと思いますが、就学中は睡眠時間を惜しんで練習と勉強に励む必要があります。
たまにバイトをしながら・・・といった考えで進学されるか違いますが論外です。
名目上は夏期休暇などもありますが、こけらは集中特訓期間と考える期間です。
並大抵の精神力と努力では上れない高山を目指すことになります。
「音芸大を卒業」するだけなら単位を落とさぬ程度の最低スキルで出ることも可能ですが、
これでは全く意味がありません。首席卒業できるぐらいの努力が必要かと存じます。


>・どれくらい資金を貯めればいいか?
>(奨学金などが可能なら取りながら、少しでも早く入学する方向で考えたいです)

奨学金は難しいでしょう。
資金的には国公立と私学で天と地ほどの差がありますが、
私学なら入学準備のレッスン代や、入学後の臨時レッスン代、イベント代うんぬんで
500~1000万弱は準備しておく必要があります。
ですのでコスト対効果としてはとてつもなく悪い道です。


>・関東圏でおすすめの音大・短期大学

ご質問者様の力量に依存するかと思いますので「お勧め」はできません。
私学で比較的ありがちなのは国立・武蔵野等の音大でしょうが、
このクラスの音大を弦、特にヴァイオリンで入学するにはかなりの力量が必要です。
まずは可能性に関して音芸大受験生を持ち、合格させたことのある
ヴァイオリン専科講師・教授などに師事し、「見極め」をして貰って下さい。
ヴァイオリンの場合、入試段階で経験15年以上という方もザラで、
志願者も多く競争倍率が高いです。

最後になりましたか下記の知恵ノートなどもご参照いただけば幸いです。
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n61985

bla********さん

2012/5/112:27:21

大学については資料請求してご自分の目で学費を比較するのが1番だと思いますが、年間100万円以上は掛かると思った方が良いです。
短期大学でもあるのか解りませんが、海外研修があると更に学費は高くなる場合もありますので、資料を一読した方がよろしいかと。学ぶことに年齢は関係ありませんし、目的がはっきりしているので充実した大学生活を送れるのではないでしょうか?


小さい子供に教えるのが夢とありますので、やはり音大でちゃんとした知識を身につけた方が良いです。ヴァイオリン講師募集している所もありますが、音大卒と規定されている所が多くありますので。
音大卒じゃなくても講師にはなれますが、質問者様の夢が小さなお子さんに教えるとあるので、中途半端な知識ではお子さんの親が納得や安心してくれません。
楽器を習う子供の親の多くが、昔自分も何かしらの楽器を習っていたり、音大卒(ヴァイオリン以外の専攻)だったりします。
本当に音楽について何も知らない親も居ますが…。話を聞くと、親に楽器経験者が多いです。

ヴァイオリンだけでなく、楽器を習うにはお金が掛かります。それだけのお金を出しても貴方の指導を受ける価値があるのか、その判断材料として「音大卒」の肩書きは必要だと思います。勿論、基礎的な技術を身に付けていたり、教える熱意があるのかも大事ですが…。

受講者の信頼と安心を得るためには音大卒は必要だと思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる