ここから本文です

あの「another」で知られる綾辻行人先生の処女作「十角館の殺人」を読破したのです...

kar********さん

2012/5/215:46:36

あの「another」で知られる綾辻行人先生の処女作「十角館の殺人」を読破したのですがラストの意味がよく解りません。
島田と犯人とのやり取りと小さなガラス壜のことです。
どなたか知恵を貸してくれませんか?

閲覧数:
1,245
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nuk********さん

2012/5/216:51:59

「犯人」は十角館での犯行を行う前に、おそらく自分が犯人であること、犯行の理由(恋人の死に対する復讐)などを手紙にしたためてガラス壜に入れて海に投棄しました。
もし、壜が海の底に沈んだまま永遠にどこの浜辺にも打ち上げられずに「真相」が闇に葬られたままならそれでも良し、偶然が重なってどこかの浜辺に打ち上げられ誰かに拾われることによって、「真相」が明らかにされるのならそれでも良し、すべてを「運命」に委ねたのだと思います。

そして、実際には近くの浜辺に打ち上げられ、偶然にも島田と犯人の居る前で子供が拾って声をあげました。
「犯人」はそれで全てを観念して、あのあと犯行の全てを「自供」したものと想像できます。

尚、犯人自身が自分の罪の告白文をボトル(壜)に入れて海に投棄し、後日人に拾われて「真相」が明らかにされるというエピソードは元ネタの「そして誰もいなくなった」アガサ・クリスティー著で書かれていたことをなぞっています。

質問した人からのコメント

2012/5/4 16:28:53

降参 回答をいただいて読みなおしてみたら最初に書いてありました。
こんなバカな質問をしてすみません。
いつもこういった伏線を本編に入ると忘れる癖がありまして。
丁寧な回答ありがとうございました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる