ここから本文です

良くFX相場の解説で、リスク回避のため安全通貨の円が買われて円高になつたと言わ...

fwh********さん

2012/5/908:40:58

良くFX相場の解説で、リスク回避のため安全通貨の円が買われて円高になつたと言われていることが多いのですが、わざわざ円買う理由がわかりません。リスク回避なら暫くの間投資家は自国通貨に戻

してキャッシュで持っていればよいと思います。安全通貨かどうかではなく、単に資金の引き上げやポジションの圧縮により円売りポジションが解消された結果、元々経常収支黒字で円高圧力がかかっている状況が素直に表れただけと思います。この考え方でよいでしょうか?

閲覧数:
612
回答数:
5
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aya********さん

編集あり2012/5/919:37:46

「安全通貨(資産)として円が買われている」といわれ始めたのは、リーマン・ショックからだそうです。リーマンの破たんによって、サブプライムローン関連の証券化商品およびそれを補償するCDS(推定残高60兆ドル)が紙くず同然になることが懸念されましたが、危険証券などをアメリカの金融機関だけでなく、ヨーロッパの金融機関も大量に保有していることが発覚し、欧米を金融不安が駆け巡りました。一方、日本の金融機関はこうした証券化商品をほとんどもっといませんでした。こうした背景から、対米ドル・ユーロで急激な円高が進むと、「円(日本の金融機関)は安全だから」という解説をする人が増えたそうです。1997年くらいから、日本も大手金融機関が相次いて破たんに追い込まれたため、日本の金融機関が国際金融市場で資金を調達する際には、‘ジャパンプレミアム’といって、海外の金融機関の調達金利よりも高い金利が適用されていました。当時を知る人は、リーマン以降の市況解説に「隔世の感がある」と思ったそうです。

とても前置きが長くなりましたが、実際には円は安全だから買われているわけではなく、米ドルやユーロを売って円を買うほうが相場が動きやすかった(儲けやすかった)から。外国為替相場の変動要因の主役は、実需ではなく、「為替相場の変動を利用して利益を追求する人たち」です。外国為替市場関係者なら、米ドル安円高になった理由は「米ドルを買って円を売る人よりも、米ドルを売って円を買う人のほうが多かったから」しかないそうです。でも、それではニュースにならないので、外国為替市場の周辺にいる人たちが知恵を絞って理由を考えているだけのようです。

もちろん、リーマンショック後に、外国人投資家による日本の国債や株式への投資が活発化しているわけではありません。外国為替市場で円が買われることと、円建て資産への投資は、まったく異なる次元の話です。リスク回避として米ドルが売られるのなら、米国の株式や債券も売られて当然ですが、米国株は史上最高値更新を狙える位置ですし、米国債の利回りは史上最低水準(価格は最高水準)です。ドル離れなど起こっていないということです。

また、貿易・経常収支の黒字=実需は買い切り・売りきりの外国為替取引ですから、相場への影響はその場かぎり(資金の引き上げも同様)。一般に、相場と同じ方向(米ドル安円高トレンドのときなら、ドル売り円買い)の実需は相場への影響が大きく、反対方向の実需は無視されがちになるそうです。相場のトレンドをつくっているのは、実需以外の部分です。

ポジションに関しては、市場参加者の大半は、その日のうち(東京市場参加者なら午後5時まで)にポジションをスクエア(ゼロ)にすることを前提に取引しています。1日に何度も反対売買を繰り返し、損益を確定させていく、というのが投機的な動きをする人たちの日常です。

なので、「安全だから円が買われているわけでない」には賛成。「単に資金の引き上げや~」の部分については、円高要因の一部にすぎないと思います。最後に、「リーマンショック後、円は唯一最大の投機的通貨になってしまった」が外国為替市場関係者の円に対する見方だそうです。

ご参考になれば、幸いです。

質問した人からのコメント

2012/5/9 21:13:21

降参 大変丁寧に解説していただきありがとうざいました。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

get********さん

2012/5/917:48:19

説明してる人達自身、なんで円高になってるのかわかってないと思いますよ…。
それでも解説しないといけないのが彼等の仕事。

私も未だに『リスク回避の円買い』って表現はヨクワカランです。
リスク回避したきゃ、トレードしなきゃいいじゃん…
と普通に思ってしまいます。

cer********さん

2012/5/910:23:02

機関投資家にとって「自国通貨」というのは存在しません。
顧客の大半の自国通貨がUSドルだとして、それで委託していたとしてもUSドルが大暴落した時に自国通貨で返却されてもうれしくないでしょ。
日本はデフレで、なおかつ円高なので実感がわかないかもしれませんが、たとえばガソリンが1L200円になった時に、1L100円で買える商品券がもらえたらうれしいでしょ。

sen********さん

2012/5/908:54:29

安全通貨の円が買われる、というメディアの説明には根拠がありません。

単に資金の引き上げ、円売りポジションの解消という貴方の説明が正しいです。

このことは、佐々木融氏が書いたこの本に詳しく書いてあります。
http://www.amazon.co.jp/%E5%BC%B1%E3%81%84%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%...

野良犬さん

2012/5/908:47:17

経常黒字でたくさんのお金が海外に投資されているので
リスクがあると投資資金の巻き戻しでリスク回避の円買いとなります

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる