医師を「先生」と呼ぶことに対しての違和感。 医師が「先生」と呼ばれるのは何故でしょう? そもそも先生とは、どのような人を指すのでしょうか。 「先」に「生」まれる、生きる上での道

医師を「先生」と呼ぶことに対しての違和感。 医師が「先生」と呼ばれるのは何故でしょう? そもそも先生とは、どのような人を指すのでしょうか。 「先」に「生」まれる、生きる上での道 標を示す師。 私は現代にある仕事から選ぶならば教師しかあり得ないと思っています。教師は指導、指示、教育が仕事です。 しかし、医師はどうでしょうか。 たしかに患者の健康のために、生活指導をすることもありますが、役割は患者を治すことですよね。 医師になるために、人並み以上の努力、労力、時間、お金?を費やし、難関をくぐり抜けて見事資格をとり活躍されていることは尊敬に値します。 看護師やスタッフに指示を出しながら患者を治そうと努力されているでしょう。 しかしだからといって、「先生」という呼称は適切なのでしょうか? 自分が「先生」と呼ばれることに違和感はないのでしょうか。 一人くらい、「先生はやめてください」と笑いながら患者さんに言える医師はいないのでしょうか^^; たしかに医師は病める人間を治すという立派なお仕事ですが、 では看護師は薬剤師はOT.PT、その他医療スタッフは立派に値しないのでしょうか。 ちなみに私の職場(病院)では、患者や家族には「医師の〜」と表現することになっていますが、哀しいかな「先生」と言った方が伝わりやすかったりします。 もっとも先生と呼んでいない施設なんてしらないのですが。 まぁ、ルーツを辿れば、病める人間をピンピン元気にできる存在を藁をもつかむ思いで「先生、先生」と呼んだ(実際はしりません^^;)のかもしれませんが、現代の風潮からはずれているような気がするのですが。 なんだかツラツラ書いてしまいましたが、皆さんはどう思いますか??

日本語11,838閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

7人が共感しています

ベストアンサー

5

自分が研修医の頃、なぜ自分が先生と呼ばれるか、不思議に思いました。 医者になって1ヶ月もたたず、半人前にもならない駆け出しの自分を、 周囲の人たちは先生と呼びます。 そのころは忙しくもあり、そのようなことを考えている暇はありませんでしたが、 医師になって数年して、以下のように考えるようになりました。 健康と言うものは、一朝一夕で手に入るものではありません。 日頃からの不断の努力をもって維持し、勝ち取るのものです。 それでも、老いることと病になることは避けられません。 自分が例えば空手や英会話を習得しようとするなら、その道に 長じた人に習うのが一番の近道でしょう。 そして、その教えを乞う相手を何と呼ぶか? それは先生と呼ぶのが普通でしょう。 極論すれば、空手や英会話は出来なくても生きてゆけますが、 健康はそれを失うことは最悪は死を意味します。 つまり医療機関とは患者さんが健康を維持する術を習得する道場 という側面を持っていると思います。 まさしく修業の場です。 それ由、その健康道場で病める患者さんに健康を取り戻す術を正しく 指導する責務を持った存在、即ち医師は先生と呼ばれるのでしょう。 治療とは手術を行ったり、投薬をするでけでは効果は生みません。 患者さんにご自身の体に起こっていることを説明し、解決策を提示し、 効果を生むための条件を共に考えることを含みます。 そして、決して楽ではない、苦しい道を歩んで貰うよう説得せねばなりません。 それを的確にやれる医師を、患者さんはいい先生と呼ぶのでしょう。 かくあるために精進せねばと思っています。

5人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

みなさんご回答ありがとうございました。医師をされている方のご意見や、調べて頂いた内容などとても興味深く読ませていただきました。

お礼日時:2012/5/16 18:11

その他の回答(2件)

2

現在「先生」と呼ばれる職業は、教師の他に医師、弁護士、政治家などがありますが、これらに共通するのは「弟子・書生」の存在です。 かつては後進を育てるために見込みのある者を私的に援助するのが一般的で、私塾を開く者も多く、その弟子などから「先生」と呼ばれていました。 つまり、弟子にしてみれば「自分に知識を教えてくれる先達」であり、その意味で現在の教師に対する用法と同じ呼称だったのです。 外部の人からも使いやすい呼び方だったため、いつの間にか広く使われるようになりましたが、中国では肩書きのはっきりしない相手には一律に「先生」を使いますし、日本にも「先生と 呼ばれるほどの 馬鹿じゃなし」などという川柳があり、言葉としての「先生」の価値は下落した感があります。 気にしなくて良いのでは?

2人がナイス!しています

1

私も違和感を感じる一人ですが、調べてみたら、そもそも、「先生」とは、敬称(様、殿、さん等々)の1つのようです。 先生(せんせい)/ 大先生 (だいせんせい) 幼稚園や小・中・高等 学校等の教諭、保育所 の保育士、大学の教 授などの教育者、医 師、弁護士、公認会計 士などの専門職、牧 師などの宗教的教職 者、その他、議員、作 家、漫画家、棋士、講 演会の講師に対しての 呼びかけ語である一 方、氏名の後ろにつけ る場合もある。これら の職業に該当する者 は、年齢に関係なく先 生と呼び合う。ま た、時代劇では用心棒 に対しても使われる。 教師=先生、という先入観を払拭しなければ、と思いました。

1人がナイス!しています