ここから本文です

無農薬栽培について、葉に虫がつき虫食いになってしまいます。一ミリ以下の跳ねる...

tak********さん

2012/5/1022:58:30

無農薬栽培について、葉に虫がつき虫食いになってしまいます。一ミリ以下の跳ねる虫。何かはわかりませんが、コンパニオンプランツ、バンカープランツは理解していますが、何かいい方法や、私は

こうしてるなどを教えてください。

閲覧数:
360
回答数:
2
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bro********さん

編集あり2012/5/1113:24:19

作物がわからないので推測ですが、食害し1mm以下の跳ねる虫というとトビハムシの類ではないかと思います。

無農薬栽培ということが農薬と定義される物全てを使用しない、ということであれば捕殺と防虫ネットで進入を防ぐ位しか対策できません。農薬の定義を定める法において物質固有の作用があり、害虫へ直接殺虫、忌避などの効果を有するものは全て農薬と定義されますので、巷で自然農薬など称して紹介される物、天敵昆虫利用、牛乳スプレーなど天然成分殺虫系も全て農薬です。

市販農薬(登録農薬)を使用しないだけ、の無農薬栽培であればよく自然農薬と称して紹介されている物の内石鹸液、牛乳散布、アセビ液、タバコ液、除虫菊液などが有効かと思われます。ただ石鹸液はオレート液剤、タバコ液は硫酸ニコチン(現在使用禁止農薬)、除虫菊液は除虫菊乳剤3と、それぞれ市販農薬と同じ有効成分です。これを使用しても無農薬になるか、の判断は質問者に任せます。
残る牛乳散布は衛生的にやや問題があり、アセビ液は人体毒性が強く農薬としての認可すら下りない成分です。(かつてアセビ液は市販されておりましたが、全回収処分となっております)特にタバコ液とアセビ液は市販農薬よりはるかに人体毒性が強いので自己責任にて使用して下さい。お奨めはしません。

質問した人からのコメント

2012/5/16 21:29:26

降参 みなさんありがとうございました。またお願いします

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ras********さん

2012/5/1101:07:49

EMぼかし1型で生ごみをたい肥化して埋め込んだり、雑草や作物の残渣を入れて(堅いところは捨てて)、EM活性液の原液に近い濃さを掛けマルチをして夏場で1~2週間寝かせて、苗を植えたり種を蒔いたりしています。消毒や殺菌などの農薬は使う必要がないので使いません。元肥は手作りのEMぼかし2型、有機石灰、バットグアノ、追肥はEMぼかし2型です。

窒素分が過多になるとアブラムシが出てきます。防虫ネットは掛けますが、病気は皆無です。
http://www.em-life.jp/index.php?main_page=page&id=24&chapter=0

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる