ここから本文です

借地権付きの土地売買契約書の書き方について注意があれば教えて下さい。

mur********さん

2012/5/1414:13:11

借地権付きの土地売買契約書の書き方について注意があれば教えて下さい。

私所有の土地に、Aさんが建物を建てて地代をもらっていますが、

Aさんから土地を売ってほしいと言われました。

売買代金は、借地権をひいた価格ということで双方納得しスムーズに決まりました。

仲介業者を通さずに売買をすすめようと思い、売買契約書も自分で作ろうと思います。

特にこの文言は入れた方が良いとかのアドバイスありましたらご教示ください。

補足ネットのひな形に、
(土地賃貸借契約の継承)
後記借地権目録記載の土地賃貸借契約は本件土地の引渡しと同時に乙に継承される。
という文言があったのですが、これがイマイチわかりません。

それよりも、
(借地権の内容)
1.甲は乙に対して、第3条の所有権移転の時期と同時に、乙との間の賃貸借契約を解除する。
2.乙は、所有権移転の時期の前月分までの地代を甲に支払う。
を契約書に入れた方が良いでしょうか?

閲覧数:
1,600
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aka********さん

2012/5/1414:25:48

借地権付きの土地売買契約ではなく、通常の「土地売買契約」です。
借地権は、民法179条の「混同」の規定により消滅します。
できれば、司法書士に契約書作成・締結と登記を一緒に依頼してください。

質問した人からのコメント

2012/5/15 10:16:23

通常で良いのですね!
ありがとうございました!!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる