ここから本文です

ヴィヴァルディのヴァイオリン協奏曲イ短調第一楽章、第三楽章はスズキの教則本第4...

kar********さん

2012/5/2116:03:10

ヴィヴァルディのヴァイオリン協奏曲イ短調第一楽章、第三楽章はスズキの教則本第4巻に、同じく第二楽章は第5巻に掲載されていますが、第二楽章のほうが難しいのですか。また、協奏曲ト短調第一楽章も第五巻ですが、

この中でもっとも難しいのはどれでしょうか。まだ4巻のイ短調第一楽章が終了する頃ですが、ト短調の第一楽章はまだ今のレベルでは難しいでしょうか。

閲覧数:
5,409
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sak********さん

2012/5/2323:42:35

ト短調第一楽章

イ短調、第三楽章

イ短調第一楽章

イ短調第二楽章

の順と思います。

イ短調、第三楽章をクリアしてからの方が良いのでは???

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

str********さん

編集あり2012/5/2118:03:23

5巻のイ短調第二楽章は指番号が4thや5thポジションで弾くところがあるので、そこが難しいです。ポジション移動が無ければ、譜面は難しく感じられない曲です。
難しさの順番は、難しい箇所があるということで、イ短調第三、ト短調第一、イ短調第一≒イ短調第二
イ短調第一ができれば、ト短調第一もそれほど難しくないと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる