ここから本文です

ハダニ、アブラムシの幼虫..? いちごの事で度々質問させてもらっていますm(__)...

har********さん

2012/5/2503:52:20

ハダニ、アブラムシの幼虫..?

いちごの事で度々質問させてもらっていますm(__)m

葉が次々と枯れもう無理なのかな?と諦めかけていたら新芽が出てきて、今何とか持ち堪えてる状況です。それなのにまた問題が発生してしまいました。
今度はものすごく小さな白い虫の大量発生です。ハダニやアブラムシよりももっと小さいです。最初はうどん粉病になってしまったかと思いましたが、茎の途中や実の裏?陰?に、ものすごい集団で集まっていて、よ~く観察していたら歩いたりして動いていました。プランター本体にも白い粉が付いてるみたいに見え、よく見ると歩いてるんです。前からアブラムシとハダニと戦ってきたので、どちらかの幼虫なのでは?と思っています。

瀕死の状態からなんとか生きようと頑張ってるイチゴ達を助けたいです。

アブラムシやハダニって今ぐらいの時期に幼虫になってるものなのでしょうか?

あと、それが幼虫だとしたらもう薬でも使おうかと思っています。(たぶんスゴい数だと思うので..)
まだ実も付いてる状態なのですが使える薬ってありますか?

閲覧数:
640
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ins********さん

2012/5/2600:14:22

御説明の虫は、次の可能性が考えられます。

①ナミハダニ(黄色型):体長0.6mm
②ニセナミハダニ:体長0.4mm
③チャノホコリダニ:成虫0.2~0.25mm
④シクラメンホコリダニ:成虫0.2mm
白い小さい虫で、動き回るので、アブラムシではないでしょう。

アブラムシやハダニは、今の時期は、成虫もいれば、幼虫もいるし、卵もいます。混在していることが多いですが、一時的に幼虫だけや成虫だけが、たくさんいることはあります。

常に発生している種類のダニとは違う種類のダニの可能性が高いので、次の比較的いろんなダニに効く農薬が良いかと思います。
コロマイト水和剤:2000倍、収穫前日まで、2回以内
アファーム乳剤:2000倍、収穫前日まで、2回以内
スターマイトフロアブル:2000倍、収穫前日まで、2回以内
いずれも、浸透移行性がないので、葉裏や、芽の中心にも十分散布する必要があります。

収穫前日まで使えるということは、果実が成っている状態で使えるということです。また、防除すれば、イチゴも当然助かります。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる