ここから本文です

日本におけるデュアルクラッチ・トランスミッションの扱い

rti********さん

2012/6/204:26:54

日本におけるデュアルクラッチ・トランスミッションの扱い

昨今、MTに代わって日産GT−R、フェラーリ458イタリアといったデュアルクラッチトランスミッションのみ装備という車が増えてますよね。ところが日本では(欧米でも?)ATの代替品みたいな扱いをされることが多いように感じます。R35GT−Rに対する顧客の要望も「3ペダル式MTを設定してほしい」という意見が多いようです。技術の進歩を否定されているようでとても残念です。実際、DCT付きの車を運転してみるとレスポンスが良く、全体の挙動そのものが機敏になったように感じられてとても楽しいと思います。(小さく、軽い車なら3ペダルMTもいいと思いますが)

なぜDCTはATの代替品みたいな扱いを受けることが多いのでしょうか?そして「運転の楽しさでは3ペダルMTが一番」だと思いますか?

補足レクサスLFA方式のシングルクラッチセミATも含めてですね。

閲覧数:
999
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nen********さん

2012/6/219:11:13

GT-Rはボルグワーナー製,フェラーリはゲトラグ製のDCTの搭載しているわけですが,トランスミッションの優秀性という意味においては,やはり現在最も優れている方式はツインクラッチ方式のトランスミッションだと思います。

日本ではコストの制約なのか,もはや世界的にはトレンドから外れつつあるCVTがまだ主流で,DCTを採用に消極的なメーカーが多いので,DCTそのものを体験したユーザーが少ないのも,あなたの言われるDCTの扱いに繋がっているのかも知れませんね。

ただ最近,私が個人的に思うようになったのは,DCTの最大のメリットである変速スピードの速さや効率の良さは,実はMTユーザーにとってはそれほど重要ではないのかも知れないという事です。

よく自動車ジャーナリストの試乗記などで,DCTの変速スピードや効率はもはやMTとは比べものにはならないなどという文言を見かけますが,実際に自分がMTを運転している時というのは,そんなに素早く変速を済ませようとする機会って,実は以外と少ないんですね。

むしろ,クラッチを切ってギアを入れ替えてクラッチを繋ぐまでの,待ちの時間を自分の任意で操作できる方が,運転のリズムを作り出す事が出来て,必ずしも変速スピードの速さが運転の楽しさに直結するものでは無いと感じるようになりました。

単なる効率の良さでいえば,もちろんDCTや最新のATにもはやMTは及ばない部分がありますが,やはり自分自身のペースを作り出す事が出来るMTのアナクロな部分には,別の魅力があるのでしょうね。

これはもちろん,私個人の考えですので,効率が良い方が優れているという考え方も,至極まっとうだと思いますし,それに楽しさを見出すのも正しい方向だと思います。

これから,DCTや次の世代のトランスミッションが主流になり,MTが衰退していくのはおそらく避けられない流れではありますが,一方で最新モデルの車よりクラッシックカーが好きという人達も結構いるのも事実ですから,人の感性というのはそれぞれなんですね。

質問した人からのコメント

2012/6/8 21:02:22

スタンバイ式電制MTのレスポンスは快感だと思います。といってMT自体を否定するワケではないんですけどね。ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ja8********さん

2012/6/710:04:30

この様な車の場合単に速ければなんでも良い人と、マニュアルチェンジを含めた部分が面白いと感じる人が居ると思います

私の場合一時34Rと35Rを同時所有し、34Rをかなりチューンしても35Rにはなかなか勝てないと感じたけれど34の方が楽しいと感じ35は半年で売却しました

渋滞時は断然35が良いけれど、こと運転の面白さと言う部分や街中のストップアンドゴーを含めた低速域に於いては34の方が面白いと感じました

ただ新しいモデル程改善されていると聞いているので、まだ発展途上のミッションなのかもですね

ちなみに日本では一般的ATの制作設備が新しい為DCTが良いのが判っていても更新出来ない事を含めたコスト問題が有ると聞いています

min********さん

2012/6/302:56:39

DCTは効率は良いですが、レーサーでも無い限りドライバーはそれを求めているわけではないからだと思います。

また、ドライバーが介入する部分が少ないが故に、技術でカバーする伸びしろが少ないのもつまらないと思われる要因ではないでしょうか。

それにクラッチあれば特にFRだと何かの時にはクラッチ蹴れますし、チューニングする人であればクラッチでの性能変化も重要な要素になってきます。

let********さん

2012/6/208:39:03

『AT=クラッチペダルレス』的な扱いが多いですが、本来は『AT=自動シフトチェンジ』じゃないでしょうか?
優れたミッションでも自動シフトチェンジがある以上はAT扱いされても仕方ないと思います。


>「運転の楽しさでは3ペダルMTが一番」
最近2ペダルMTに乗り換えましたが3ペダルの方が自由度は高いですね。

gn0********さん

2012/6/205:16:44

やはり、クラッチの有無じゃ無いですかね。
DCTがAT限定免許でも乗れるというのも、そこに有ると思います。

というかDCTというより
セミ・マニュアル((日産曰く)2ペダルMT)の認識に対する質問と受け取っていいですか?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる